衆愚政治

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
06月29日 10:27
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

しかし,ポピュリズム流行科学軽視され,世界的に衆愚政治が蔓延していたところにこのコロナ危機。100年後くらいには良い歴史的教訓として語られているんだろうな……。

=}{*}

メカソクラテス」とはよく言ったもので(私が勝手に言ったのだが),今のデライトにはソクラテスが宿っているような気さえする。今でいう「インフルエンサー」のようなソフィスト跋扈し,衆愚政治蔓延するという状況までそっくりで,不思議気分だ。

=}{*}

=}{*}

SNS感情の増幅装置として,世界衆愚政治に導いてしまった。デライトが牽引する KNS は,世界の知性取り戻す

=}{*}

というか,世界を見渡して,社会分断衆愚政治蔓延を乗り越える体系的な構想を持った事業希哲館事業以外にない。

=}{*}

3年前,英米政治危機(ブレグジット・トランプ当選)を受けインターネットによる衆愚政治を「暗愚の枢軸」とし,その拡がりをインターネット改革で討つという構想が急速に出来上がった。デライトは,その最初の成果ということになる。

=}{*}

衆愚政治とは,対立を理解し,解消策を生み出す想像力理性社会から失なわれていくことなのだ。

=}{*}

何度語ってもあまり伝わっている気がしないが,今の世界情勢古代ギリシャに似ている。インターネットによる事実上の直接民主主義化,衆愚政治の蔓延,表面的な影響力を追い求める「インフルエンサー」こと現代版ソフィストの跋扈。そしていま,あいつが「メカソクラテス」として蘇える。

=}{*}

三原じゅん子さんは,日本の政治がすでに明確な衆愚政治に陥いっていることを表現してくれているのだと思えば,それなりに意義のある政治活動をしていると思う。

=}{*}

私の勘では,「インターネットで高度な情報蓄積を可能にすることが衆愚政治の克服につながり,大衆知性によって民主主義を維持する希哲民主主義の実現につながる」という説明で古代ギリシャ哲学から現代までの課題を整合的に解決している,と理解出来る人は10万人に1人。

=}{*}{*}

=}{*}

インターネットによって有権者発言力が増し,事実上の直接民主主義と化すことで古代ギリシャ同様の衆愚政治に陥いる。古代ギリシャではプラトン選り人(エリート)による統治を提唱したが,現代では希哲館がそのインターネットの仕組みを変える(メカソクラテス)ことで「希哲民主主義」を実現する。これは新現代思想の基本理論。

=}{*}

プラトン民主主義における衆愚政治を恐れていたし,基本的に選り人(エリート)主義なのだが,私はむしろ「希哲」(フィロソフィア)というアイデアは民主主義と相性が良いと思っている。ただ,これまでは「希哲民主主義」を実現する情報技術がなかった。全ての有権者といちいちソクラテス的な対話は出来ない。

=}{*}

今の世界ではインターネット政治にも多大な影響を与えるわけだが,SNS では知性理性より感情が先立ってしまうので,このままでは衆愚政治の蔓延は避けられない。そこでインターネットに知性を,という課題がある。

=}{*}

トランプを大統領にしてしまったのはアメリカにとって百年分の名誉を失なう汚点だと思うが,だからといって彼に望みをかけた末端の労働者たちを見捨てるわけにはいかない。我々は衆愚政治を越えて,全ての人々が救われる道を見出さなくてはならない。

=}{*}

インターネットは大衆の無知による暴走を抑止する構造を持っていないので,政治学的には衆愚政治との結合を警戒しなければならなかったのだが,残念ながら学者側の認識も追いついていなかった。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha