ネット

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲8年(2014年)
12月02日 17:54
下描き希哲7年(2013年)
07月15日 04:03
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

ネットワーク。

単体で使われる場合はコンピューター ネットワークを指すことが多い。

インターネットシンネット……

この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

個人知識管理(PKM)において,ネット上で神経画表ニューラル グラフ)的なものを実現出来る,ということに多くの人が気付き始めているが,どういうわけか,ほとんど名辞ありきの考え方は名辞単位で物を考えているわけではないのだが……。

=}{*}

=}{*}

ウィキなどで「集合知」がバズワードになっていた頃も,私は「個人知」の重要性を常に訴えていたのだが,ここ数年でようやく「ネット個人知を発展させる」という発想共有出来るようになった感じがある。ただまだ決定的ツールは無いので,ここでデライト売り込みたい。

=}{*}

情報発信って,本当に地道努力世界。特にネットでは,継続更新頻度がものをいう。私が苦手なところなので,ちょっと頑張らないといけない。

=}{*}

最近,希哲館の歴史をまとめているのだが,振り返ると時代連動し過ぎていて怖い世界金融危機WinFS頓挫と同じ頃に希哲館事業発足しているのも,ネット成熟した頃にデライトが出来,その直後にコロナ危機が来たのも……。

=}{*}

=}{*}

ネットが社会の中心になったこの時代に,KNS(knowledge networking service)という全く新しいサービスを持っているということも,奇跡でしかない。

=}{*}

鈴木仁大という友人,昔から個性的で面白い人物で,私は何かしらネットで活動した方が良いと言っているのだが,本人があまり自己プロデュース的なことを好まない性格なのでずっと埋もれている。

=}{*}

=}{*}

コロナ危機を契機とした芸能人YouTube 参入等で,テレビネット垣根も無くなっていくだろうが,そうなるとネット特有の素人芸みたいなものの行き場が無くなってくるかもしれない。素人が注目される場なり仕組みなりが別に必要なのか。

=}{*}

意外に思われるかもしれないが,現時点の多くの世論調査で「全ての民主党候補に対してトランプ劣勢」という結果が出ている。大統領選挙は複雑なのでそれが勝敗に直接結びつくわけではないが,ネットだと「トランプ安泰」みたいな論調も目立つ。選挙で一番の敵は油断,ということも考えると分からなくなってきたな……。

=}{*}

でも,「文化」を変えるのって本当に難しいと思う。今は多くの人が SNS で日頃の思いを綴る,ということに慣れているが,それも浸透するまでには時間がかかった。自分の「仮想頭脳」をネット上で育てていく,という KNS としてのデライトもやはり文化的段差が大きい。

=}{*}

私はネット極北まで逃げ,デルンの実用化とともに「ウェブ独立宣言」なるものを発し,なにものにもとらわれない精神活動を築いた。そして,ツァラトゥストラのごとく,KNS(knowledge networking service)を引っ提げて帰ってきた。

=}{*}

残念ながら,ネットで効率的に稼ぐ,ということを考えた時に現状 GAFA から逃れる手は無い。ブロガーにせよ YouTuber にせよ。しかし,GAFA も元々はそんな先行企業を利用して下剋上したのだから,デライトも遠慮なく利用させてもらおう。

=}{*}

しかし,希哲館訳語までとは行かなくても,カタカナ語を訳そうみたいな運動って,15年前くらいまではネット上にも散見されたのだが,ことごとく潰れてしまった。その理由はやってみると分かるが,とにかくウケが悪い。

=}{*}

はすみとしこさん,やっていること自体は物凄く悪質で訴えられようと自業自得なのだが,でもああいうのって元々は,学校クラス隅っこで地味な女子陰口で盛り上がってる,みたいなものだと思う。それを吊るし上げるのも別のいじめみたいで可哀そうだな,と思うのは優し過ぎか……?ああいう人を祭り上げた周囲とネットも悪いというか。

=}{*}

で,この人口1%というのは,昔ならネットとは無縁だった層。

=}{*}

ネットではそう見える人に限って意外と常識人だったりはするのだが……。

=}{*}

実質2位ネタを楽しめない奴はネット向いてない」みたいなツイートが結構あってちょっと考えさせられる。そんなどうでもいいネタを得意気に披露している人より,本気で「実質」を信じている人の方がまだ面白いし,かえって可愛げがある。むしろ気軽に言ってないぶん叩かれないかも。

=}{*}

気軽親しみやすい,というのはネットで一番重要なことかもしれないが,それだけでは希哲館事業にとって十分ではない。足を踏み入れるのは簡単で,どこまでも引きずり込んでいく「底無し沼」にする必要がある。

=}{*}

実際,ネットバズってることって,そんなに難しいことではない。3分後には忘れているちょっと面白いこと,くらいで丁度良い。

=}{*}

これまでの希哲館事業におけるネット戦略の過ちは,「面白いことさえしていればどんなに難解でも注目される」という間違った期待を抱いていたこと。これは SNS 以前のネットの空気に私自身が慣れていたこともあって,気付くのに時間がかかった。

=}{*}

ネットでは面白いことをしようとしてはいけない。分かりやすいことをしなければ伝わらない。

=}{*}

小泉進次郎さんがネットで左右から叩かれているのに,現実にはあの人気なのを見ると,立場がどうであれネットで政治に物申す人,というのがいかに少数派に過ぎないか,よく分かる。

=}{*}

今のネットで話題を集めるのに一番重要なことは,「一目で理解出来ること」なのかもしれない。

=}{*}

まああと,ネット受けする献典コンテンツ)の特徴として「上から目線でつっこみやすい」というのがある。それが月庭にはない。そもそも希哲館事業自体が完全オリジナルコンテンツなので,何かを語ろうとすれば絶対的な非対称関係になってしまう。プライドの高いインテリほど,相手のペースに巻き込まれたくないと思うので,まず逃げる。

=}{*}

その後,ネットでウケた献典コンテンツ)って,要は目新しくなくても「気軽なもの」だ。月庭には新しさはあっても気軽に楽しめるものが無かった。

=}{*}

=}{*}

ただ,この嫌韓運動をただヘイトは良くないで済ませるのもな,と思う。「韓国なんか滅びろ」とネットで息巻いている人々が幸福生活を送れているわけないのだから,何が彼らをそこまで鬱屈させたのか,というところまで考える必要がある。

=}{*}

ネットで脱力するようなデマが氾濫する問題,単に「ネットに不慣れな人が多過ぎる」だけなら時間が解決してくれるのか,と思わなくもないのだが……。

=}{*}

マスコミは駄目だ,だから,ネットで一人一人の個人責任を持って媒体としての役割を果していこう,ではなく,ネットに流れている情報なら信じよう,になってしまうのは哀しくもあり滑稽でもあり……。

=}{*}

というわけで,ネットの関心が知識から感情に移った理由は,ネット人口の拡大と世界金融危機以降の「選択と集中」で説明出来そうだ。

=}{*}

まあ一番分かりやすい要因は,単純にネットが一般化したから,だ。それまでに比較して,知的好奇心というものが占める割合が激減してしまった。

=}{*}

そういえば,ネットでいかに知識蓄積していくか,という問題意識はいつからこんなに薄れてしまったのだろうか。SNS の普及以前は主要な課題だったはずなのだが。

=}{*}

下手に時間をかけた文章って本当に笑ってしまうくらい読まれないので,マイクロブログしかり,ネット献典コンテンツ)もどんどん短縮化されていくわけだな,と思う。

=}{*}

私のような完璧主義気質の人間は,基本的につっこみどころを自分で埋めなければ気が済まないので,どうしてもネット受けしにくい。

=}{*}

ネットでたまに見つける,いわゆる「頭の良い人」の共通点は,分からないことはすぐに調べる考える,という習慣を持っていることだと思う。

=}{*}

私もネット上では色々な文章を書いてきたから,例えば炎上商法みたいなことをやりたくなる気持ちもよく分かる。結局,注目を集める上で人の感情を刺激するってのが一番効率的だから。今の社会,誠実さがあまりにも報われないので,そこに逃げたくもなる。

=}{*}{*}

=}{*}

ある程度まとまった文章に2倍の時間をかけたところで2倍読まれるわけではない。そう考えると,25分で1つ書き上げる,というのはネットでは合理的な文章の書き方なんだろう。

=}{*}

テレビドラマの視聴率って,ネット時代になってから平均的に下がっているという印象があったが,最高視聴率の記録で見るとネット普及以降の作品が食い込んでいるのが面白い。ネットで話題になる作品とそうでない作品との格差が拡がってるのか。

=}{*}

テレビの世界からネットに来る人は珍しくなくなったが,「テレビに出来ないこと」が危険とか反道徳的とか,一般受けしない内容とか,まだそういう色物に留まっている。そうではなくて,ネットだからこそ,世界中の人を釘付けにするようなぶっちぎりの王道をやろう,という発想が欲しい。

=}{*}

大人なら誰もが心当りがあるように,ある時期の子供というのは,知識経験の浅さの割に,いやそれ故に,妙な自信を持って社会的発言をしたがるものだ。ネットで下らないデマを拡散させている人をよく観察していると,非常に多いのが,単純に子供(中高生)であるという場合。登録情報に基いて,せめて成年か未成年かくらいのふるい分けは出来る機能が SNS のような媒体には必要だと思う。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha