経営

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲6年(2012年)
08月11日 19:22
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

経営関連の描線

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

デライトの主要な当努ToDo):新規登録開放,PWA 化,ツイストActivityPub 対応文書整備など。非公開描出(厳重な個人情報保護体制が必要)と画像(通信量・容量肥大)等への対応は経営上の問題が大きいので収益化成功してから,という感じ。

=}{*}

柔品(ソフトウェア)開発問題というのは,実は最終的には経営の問題だったりする。要素技術選びにしても,利点がどこまで利益になるか,欠点がどこまで許容出来るか,という判断基準は結局経営にある。

=}{*}

よく,日本の情技(IT)企業経営者には技術者が少ない,とは言うが,経営から交度化コーディング)まで一人でやっているおかげで,小さな企業でも1週間はかかる意思決定1分で出来る私ですらこれだけ苦労しているのだから,素人技術者を雇ってどうこうしようというのがいかに馬鹿なことか……。

=}{*}

日本人の場合,リスクの伴う選択と集中一点張りみたいな起業は好まないので,どうしてもリスク分散的な多角化経営,成功例の模倣隙間産業的なものになる。要するに中途半端で,尖った製品が出てこない。

=}{*}

経営的な意味で言うと,実は,デライト再公開9月一杯までの余裕を残している。それなのになぜ2日単位で延期しているのか。それは簡単に言えば1ヶ月を「余裕」と感じるためだ。1ヶ月後に延期したら,恐らく数ヶ月遅れる。

=}{*}

この GAFAM 時代の情技(IT)業界を塗り替えるには,「誰も真似出来ないような発想の転換」で勝負するしかない。最上位企業と新興企業に未曾有の経済格差がある今,「力勝負」をするのは自殺行為に等しい。資金力では決して埋まらない差別化戦略で勝つしかない。

=}{*}

つまり,核脳カーネル)開発への投資はもう企業にとってうまみが無い。Apple にも MS にも,「一旦」はアプリサービス開発に比重を移したいという本音があるはずなので,どこで決断してくるかだと思っている。

=}{*}

私も,計画したように仕事が回らなくて周囲に迷惑をかける,ということは経験しているが,本当に駆け出しの頃で,この手の「事件」とは比較にならないくらいの小規模だった。それ以来,他人を巻き込む仕事をする時は二重にも三重にも注意するようになった。でも,それを考え過ぎるとそもそも最初から起業なんて出来ない。起業とは,不確実性のある,つまり常に失敗する可能性のある事業を個人の責任で開拓することであって,それ自体は社会の発展に必要なこと。多かれ少なかれ「他人の迷惑」を必ず内包しているのが起業,というのが日本に起業文化が馴染みにくい理由の一つかもしれない。

=}{KPI}

=}{KGI}

12
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha