翻訳語

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
05月11日 16:12
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

知能増幅にせよ翻訳語にせよ,いま日本必要なことをほとんど誰もやっていないのは,「バズらない」からだ。バズらないけど大切なことをやり続けられる人間が必要。

=}{*}

とはいえ,私もデルンが無ければ自分で翻訳語を造って使うなんてことは出来なかっただろうな。

=}{*}

ちゃんと考えれば良い翻訳語を見つけられるのに,冗長表現力の無いカタカナ語を使い続けるしかない日本人は本当にをしていると思う。

=}{*}

=}{*}

私が「」を使いたかったのは「目隠し」(隠蔽)というイメージだったのだが,言われてみれば「場面」という解釈も出来るな。やっぱり,翻訳語造りも一人では見えないものがある。

=}{*}

=}{*}

ちなみに,「演能」はイノベーション翻訳語案の一つとして検討したことがあったが,これはいまいちな気がするので捨ててもいい。

=}{*}

エネルギー翻訳語演力」が物理学的「」と(特に初学者に)混同される懸念は確かにあるな……。「演能」は代替案として十分検討の価値あり。

=}{*}

=}{*}

K#9-D657 さんによるキャンプ翻訳語簡府」,かなり良い感じだな。読みは「かんぷ」でも良さそうだし。

=}{*}

=}{*}

昔からこういうことがよくあって,例えば「筋トレ」とか「合コン」とか,漢語カタカナ英語を中途半端に組み合わせたような略語嫌いで,そういう言葉を自分の生活に取り入れたくないと思ってしまう。だから,最近「陶練」(トレーニング)という翻訳語を考えるまで,筋力陶練が出来なかった。

=}{*}

ウイルス翻訳語,「病毒」が使えないなら「病粒子」,あるいは略して「病子」とか「病粒」とか訳せないものか。コロナウイルスは「光輪病子」,略して「光病」といったところか。

=}{*}

カタカナ語は,翻訳語について検討した上で使うなら問題ない。そうではないのが問題なので,「カタカナ語にも利点がある」という後付けで日本語の現状を肯定するのはちょっと無理がある。

=}{*}

K#9-D657 さんのスクロール翻訳語案「簾繰る」,その発想は無かったが,非常に豊かな語感がある。というか,スクロールはずっと訳したいと思いつつ取っ掛りが掴めなかった未訳語だったので,突破口になりそうな提案

=}{*}

=}{*}

マクロ翻訳語漢語的に考えることが多かったので和語訳語を考えてみるというのは良さそう。

=}{*}

=}{*}

希哲館訳語というのは「希哲館が採用する翻訳語」のことであって必ずしも新造訳語である必要はないので,こういう場合にどういう翻訳語を使うべきか,という指針として機能するようにしたい。

=}{*}

一部,カタカナ語の方が英語情報との対応が分かりやすいという意見もあるが,カタカナ語が一人歩きして意味がずれていくということは多々あるので,いずれにせよ定義が広く共有される必要がある。翻訳語もそこで定義すればいいので,カタカナ語でなければ,ということもない。

=}{*}

コロナ危機関連の翻訳語はより多くの人に伝わる必要があるので,出来るだけ平易で予備知識を必要としないものが好ましい。集団感染感染爆発オーバーシュート),都市封鎖ロックダウン)等はそういう意味で悪くない翻訳語

=}{*}

ソーシャル ディスタンシングを「社会的距離」とするようなぎこちない翻訳語を見ると,現代日本語における翻訳文化の限界への焦りと,それでも翻訳を試みただけ偉いという気持ちとで複雑な気分になる。

=}{*}

K#9-D657 さんのように翻訳語について考えてくれている人がいると知れたことが今日の最大の収穫だった。おかげで持ち辺モチベーション)が非常に高まった。

=}{*}

=}{*}

K さんがテープ翻訳語として「帯布」を提案してくれた。なるほどと思って検索してみると3年以上前に「帯布」を描いていたことが判明。この時は当て字として考えただけで語釈を造っていなかったので K さんの案も参考に検討してみる。

=}{*}

最近のコロナ危機でも日本語カタカナ依存症を問題視する声が上がったが,翻訳語を考えるということは,外来語をよりよく理解表現選択肢を広げることなので,使うか使わないかにかかわらず意義のあることだ。

=}{*}

江戸時代明治時代翻訳語に「西洋知識輸入する」という使命があったように,翻訳語にはそれに意義を与える上位概念が必要で,希哲館訳語の場合は知識産業革命を目指す希哲館事業構想がそれを担っている。ここは誰にも真似出来ないところ。

=}{*}

特に希哲館訳語音写性を重視しているため,ぱっと見ただの「当て字」に見えてしまう翻訳語が多い。当て字かそうでないかというのはの使い方に妥当性がないかあるかなので,しっかりした語釈必要になる。

=}{*}

さっきも言ったが,新しい翻訳語普及させる上で質の高い「語釈」というのは本当に重要だと思う。同じ言葉でも説明のされ方によって全く印象が変わってくる。

=}{*}

希哲館訳語の真の強みは,こうした「語釈」の豊富さにある。同じ翻訳語でも,どう説明されるかによって感じ方は大きく異なる。

=}{*}

個人的に不勉強なところで,「なぜ中国語では翻訳語流通するのか?」というのは瀕答ヒント)になりそうだと思っている。そもそも漢字しか使えないので動機が強いとか,権威主義的な体制で上から広めやすいとかはすぐ思いつくが,それだけだろうか。

=}{*}

翻訳語の質」という観念自体が希哲館訳語以後のものという見方も出来るが,そもそも質の高い翻訳語なら普及するかといえばそれは怪しい。

=}{*}

わざわざ漢語を使って微妙な翻訳語を後世に残した明治知識人とかに『希哲辞典』見せて勉強させたいと思ってしまうことがある。

=}{*}

このへん,ちょっと整理しきれていないのだが,「道手」(みちで,メソッド)とか「諸場」(もろば,モバイル)とか「換え取り」(カートリッジ)とか,こういう大和言葉意味的にも音声的にも完璧な翻訳語を造るのって日本語史的に私の発明になるのだろうか。そういえば和語訳語ってパッと出てこない。

=}{*}

正直,江戸時代後期から明治時代頃にかけての翻訳語なんて,決して上手いものではない。意訳したくせに誤解を招いたり,下手な漢字のあて方をしたり。翻訳技術的には希哲館訳語の足元にも及ばないような翻訳語ばかり。それでも権威で「ゴリ押し」出来た。この「流通」の問題は大きい。

=}{*}

あまりにも独走状態だったので,翻訳語について考える者は『希哲辞典』を避けて通れなくなってしまった。

=}{*}

翻訳語を造るというのはその概念について考え抜くということなので,カタカナ依存症思考停止というでもある。何となくカタカナ語を使って誤魔化そうとしてしまう人が多いのはまさにそれ。

=}{*}

どうりで,明らかに不合理カタカナ語濫用するのもやめられないわけだ。誰かの考えた翻訳語を使うより,多少苦労してもみんなでカタカナ語を使った方が良い,という感じ。かなしいかな,私も日本人なので実は分からないではない。

=}{*}

=}{*}

希哲館訳語には「戯訳」という遊び翻訳語もある。例えば,コーヒーは香り立ち滲み出るものだから「香泌」(こうひ),ライオンはゴロゴロ鳴く百獣の王だから「雷王」,ノートのようだから「脳戸」。

=}{*}

『憐情』希哲館訳語では極めて珍しい固有名詞に対する翻訳語なのだが,翻訳技術的には最上級のものと言ってよく,希哲館訳語技術力証明する語の一つになっている。

=}{*}

この種の翻訳語研究は,未開過ぎて開拓し放題。この調子だと,現在のカタカナ語のほとんどが希哲館訳語で置き換えられかねないぞ……。

=}{*}

そういえば,「翻訳語研究者」と言った時,「歴史的翻訳語研究する者」はいても「翻訳語造りを研究する者」がいなかったのは不思議といえば不思議か。

=}{*}

私が感じていた,過去の翻訳語提案系の望事プロジェクト)に共通する問題は大きく2つあって,体系性実践欠如。つまり,ほぼ全て「部分的な提案」止まりだった。しかし,言語というのは体系であり実用するもの。それで上手くいくわけがない。

=}{*}

=}{*}

ショートカット」に対して「省割」は文字数にして3分の1以下,漢字有効に活用しているので理論上の差は歴然なのだが,どちらも判読するのに1秒もかからないので,並べてみても体感的な差は認識出来ない。これは翻訳語普及を考える時の難しくも面白い課題

=}{*}

翻訳語献典コンテンツ)としてあまり注目されない理由の一つに,私が「不可感差」と呼ぶものがある。例えば,「ショートカット」と「省割」,並べてみてもその差は無視出来るほど小さく見える。これは錯覚の一種で,単語というのは頻繁に繰り返し用いられるので,組み合わせも含めると「塵も積もれば山となる」式に効率上の差が出てくる。つまり,翻訳語を使う利点が認識しにくい。

=}{*}

『希哲辞典』,こうやって希哲館訳語を並べていくと,以上に「」とでもいうべきものが翻訳語にはあるらしいということが分かる。核脳カーネル),射雨シャワー),如零ヌル),理腑リファクタリング),麗厳エレガンス)とか,整っている以上の魅力がある。

=}{*}

希哲館訳語以外で個人的に好きな翻訳語岡田武松さんによる「風炎」(フェーン現象)。これは現象を想像しやすく,音声もしっかり掴んでいる良い例。

=}{*}

江戸時代とか明治時代に造られた翻訳語で質が高いものというのはそう多くない。そもそも翻訳語の質を評価するという考え方が無かった。この時代は意訳が多い。中国で行われた仏語漢訳音訳が多い。

=}{*}

単体の項目だけで面白い希哲館訳語と,組み合わせに意味がある希哲館訳語がある。例えば,オブジェクト指向を「客体指向」,クラスを「類型」,プロトタイプを「原型」,インスタンスを「個体」などとしているが,これらは全て既存の言葉を使った翻訳語で,組み合わせの妙に価値がある。

=}{*}

翻訳語献典コンテンツ)として注目されていないということは,今やればやるだけ先行者利益を得られるということでもある。そもそも,今の日本語において翻訳語重要でないわけはないので,それに多くの人がいつ気付くかというだけの問題なのだ。

=}{*}

最近,希哲館訳語の話ばかりしているが,希哲館訳語は希哲館用語部分集合で,概念的に面白いものはどちらかというと翻訳語ではない方にあったりする。「第二次大翻訳時代」とかも良い構想だと思う。

=}{*}

翻訳語を造るようなことって,よほど社会ゆとりが必要なんだろうな……。

=}{*}

現時点の見込みで,ある程度確定的新造翻訳語案だけで200語前後,造語性の無い無難翻訳語などを含めて500語前後,その他試案などを含めると最悪1,000語を越える可能性も出てきた。なお,自然な派生語複合語を含まない数字。

=}{*}

肌感覚として,日本人が独自の技術世界と戦おうとか翻訳語を整備しようとかの動きが世界金融危機以前以後で全く違う気がしている。危機以後,日本人去勢されたように大人しくなってしまった感じがある。

=}{*}

こういう「独特で面白い翻訳語」だけで軽く100語を突破する希哲館訳語だが,無難な翻訳案とか,組み合せの妙で使えるようにした翻訳とかも合わせると,やっぱり狂気翻訳語体系と言わざるをえないな……。

=}{*}

それからしばらく,希哲館訳語Org-Mode譜類ファイル)一つに書かれた「翻訳語メモ」くらいの規模だった。それが8年前のデルンの実用化を契機に飛躍的に発展した。

=}{*}

これだけの翻訳語を一覧にして眺めてしまうと,これまで日本人は本当に日本語を使えていたと言えるのだろうか,という気分になってくるな……。嫌味ではなく,童心にかえって大人たちに「どうして僕たちの言葉を守ってくれなかったの?」と聞きたい。うるんだ目で。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha