政治家

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲6年(2012年)
09月13日 19:52
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

政治家会見などで原稿を読むのが良いかどうかは時と場合による。確かに,原稿読みが多過ぎて主体性が無いように見えるのも問題だし,多忙を極める中で原稿に頼ることも時に必要。求められているものが違うので,アナウンサー比較するのはちょっと見当違い。

=}{*}

政治家経営者というのは,いわば社会案内人だ。一歩進んでは振り返り,みんながついてきているか確認して,また一歩進む。一人でどんどん先に行って後ろを振り返らない人間は指導者には向いていない。

=}{*}

ドナルド・トランプという人は,基本的に「興行師」だ。何十年もその道でやってきた人なので,一定の大衆心理を掴み,自分を演出することにかけては並の政治家を寄せ付けないものがある。そして平時における政治というのは,一定の支持さえ固めておけば何とかなる。問題は,「演出」で取り繕えない状況に直面したらどうなるか。今はそれが試される時。

=}{*}

こうした問題政治家の手には負えないので,希哲館事業のように「下から」突き上げる運動が現れる。大化改新明治維新に次ぐ日本三大改革,「希哲累新」(フィロソフィー・ルネサンス)により世界の文明深化日本が担い,現代を超克する。これがジパング計画である。

=}{*}

なぜ先進民主国家投票率が下がるのかというと,誰が政治家になろうと一定の自由豊かさ保証されていて,多くの人が投票意義を見出さなくなるから。皮肉なことに。

=}{*}

逆に言うと,いま税金問題最重要視している政治家たちは,これからの国家を考えるに十分なビジョンを有していないということ。

=}{}

安倍さんに政治家としての優れた点があるとすれば,イベントやら公開電話やら会食やら,とにかくどこにでも顔を出して,国民に自分の顔を見慣れさせることの価値を知っていたということかもしれない。これは下手すると政策演説よりずっと効果がある。

=}{*}

小泉進次郎さんのような,見かけだけで中身のない政治家が人気を集める日本,大丈夫か?というのはもっともなのだが,ただ,表面的にでも多くの国民が綺麗なものを求めている,というのはまだマシな状況だと思う。本当に怖いのは,品性下劣醜悪な人物が「敵対勢力を潰すために」選ばれてしまう政治状況。と,トランプ当選からの米政情を観察してきた者としては思う。

=}{*}

日本の政治における家系って面白いな,と思うのは,いわゆる保守層明治以後の成り上がり政治家一族(安倍家麻生家小泉家等)を中心にしていて,リベラル徳川家細川家など少なくとも江戸時代からの名家と(場合によっては)天皇を信奉していること。長い歴史のなせる業。

=}{*}

ただ,中途半端な位置に甘んじてきた政治家言論人がこの機に乗じて,というのと,将来に悲観的な層が不満の捌け口として排外主義になるのとでは悪質さがかなり違う。私は前者に容赦する気は無いが,後者にはやや同情的,という立場。

=}{*}

本来は,こういう人が理性良識を持って大衆を宥めなくてはいけないのだが,残念ながら誘惑に負けて有権者の機嫌取りに走ってしまう弱い政治家が多い。彼が今の自民党の中でどこまでやっていけるかで日本の政治の健全度がある程度測れそう。

=}{*}

=}{*}

それまで,少数者を迫害する政府の背後にいた「強者としての多数派」はもういない。それはここ20年くらいの劇的な変化で,50代以上の発言力を持つ思想家政治家たちは古い認識を修正出来ずにいる。

=}{*}

あとは,選挙を「0か1か」で考える人が多い,というのも問題かなと思う。投票した党が政権を取れれば意味があって,取れなければ意味がないとか,投票した人が当選すれば意味があって,しなければ意味がない,という考え方をしている人が多いのだが,政治家ってもっとアナログに票の動きを見ていて,勝ちが僅差か大差かの違いでも政策に影響が出てくる。それを知ると,政治に対する無力感から来る無関心,というのも少しは減るかも。

=}{*}

昨日こんな文章を書いたが,有権者が自分の利益のみを追求して政治家を選んでもいい,という「誤解」は,恐らく経済学でいう「見えざる手」を期待しているのではないか,という気がする。残念ながら,政治には利害関係を自動的に調整してくれる仕組みは無い。当の調整する者を選ぶのが選挙

民営化する政府

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-36F7

=}{*}

例えば,せいぜい十数人くらいの集団でリーダーを選ぼうということになった時,やっぱり「みんなをまとめられそうな人」に票が集中する。これは実際,そうでないと上手くいかないことが多いからで,これは政治でも基本的に変わらないのだが,政治家を選ぶとなると利己的になってしまうのは,やはり距離が遠くてリアリティがないから,というのもあるんだろうな。

=}{*}

で,いま世界中政界の人材不足が起きているのは,いま50代60代くらいの,本来なら政治家として主力になる層が,若い頃に情技(IT)業界を目指したからだ。が高く,先見性があり,優秀な若者が政治よりも情技(IT)を選ぶ時代はとっくの昔に始まっていた。

=}{*}

いわゆる政治家だけが政治を動かしているわけではない。むしろ,世界の枠組み作りにいま一番大きな影響を持っているのは情技(IT)者だ。

=}{*}

何度も言うが,政治家無能なのは政治家だけの責任ではない。良くも悪くも成熟してしまった現代先進国で「パッとする政策」なんてものを思いつくとしたら,それはただの政治家ではなく歴史に残る思想家だ。

=}{*}

政治家が軒並無能なのは,何も政治家たちの責任ではない。もう「思想」が無い時代なのだから。

=}{*}

=}{*}

SNS における「好きな情報源を選べる」利点と弊害の問題。本当は政治家が取り組まなければならないような重大な社会問題なのだが,その政治家が SNS を利用している時代なので……。

=}{*}

そういう意味で安倍晋三氏は強い。氏より有能な政治家はいくらでもいるだろうが,より無難だと感じられる政治家はほとんどいない。発揮出来ない有能さよりも安定して平凡さを発揮出来ることは現代の政治において馬鹿に出来ない。安倍政権はそれだけで持っているようなもの。

=}{*}

政治が難しいのは,優れている人物が指導すれば上手く統治出来る,というものではないところ。どんなに頭が良くても大衆が支持出来なければ社会は不安定になる。平凡でも,大衆が支持したくなるような人物であればそれはそれで政治家として一つの長所を持っていることになる。

=}{*}

そうそう,「オタクはこんなことやれば喜ぶだろ?」みたいなことに怒るのがオタクという人達だという勝手な先入観を持っていた。でも現実にはそんなことない。オタクって,意外と性格的に丸い人が多い。一握りの人が強烈過ぎるだけで。

=}{*}

たとえば昔,ニコニコ動画あたりに政治家が手を出しはじめた時,ああいうところにいる人ってそんなのを蹴り飛ばしたくなるような尖った人達の集まりだと思ってたので凄く意外だった。まあ考えてみれば,ある程度大衆化したサービスでそんな尖った人間ばかりいるわけはないのだが。

=}{*}

最近の政治問題に関して,私は政治家というより思想家の責任が大きいと思っている。与党にも野党にもこれといった指針が無い,ゆえに何となく保守化していく,という状況がここ数年,世界共通の政治情勢としてあるが,じゃあ政治家個人にそれを打破するアイデアを出せというのは,いくらなんでも荷が重いだろう。政治に限らず,大局的で画期的な思想を本職の思想家ですら語れない時代なのだから。

12
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha