デルン

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲7年(2013年)
01月15日 02:22
下描き希哲6年(2012年)
02月13日 17:11
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

デルン(英語:deln)とは,ブログ(blog)やウィキ(wiki)などに替わるものとして宇田川が提唱する新しい情報形式である。輪郭法の応用であり,「デライニエーション(英語:delineation,輪郭描出)からの造語。

KTK における主力サービスでもある。

デルン上に投稿する事を「描出する」(英語:delnate),描出したものを「描出」(delnation),描出する者を「描出者」(delnator)と呼ぶ。軽い用法としては、「デルン更新する/した」の意で「デルる/デルた」も想定している。

語誌

「デルン」を採用した理由の一つに,「耳に残る語感」ということがある。これは,流行した「ブログ」や「ウィキ」等が簡潔でありながら日常会話の中で浮くような(不思議な)語感を持っていることに着目したものである。文字数もカタカナ3文字,英字4文字に収めることを意識した。

洗練されて耳にすっと入るがすっと出ていくような名称ではなく,あえて奇妙な語感をもって耳に残る名称を採用したために,宇田川自身も違和感を克服するのに時間がかかった。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

そこで「神経目線」になってみると,情報のやりとりは出来るだけ近場で済ませたい,ということになる。つまり,必要十分情報最短で辿り付けるように整理されている。これをどう再現するか,という問題への答え輪郭法でありデルンでありデライト

=}{*}

この吹き描きヒゲ,そもそも輪符に使う波括弧意匠に取り入れる,というのはデルン初期からのアイデアで,どうしても実現したかったのだが,文書構造装体スタイル)の調和とか色々辻褄合わせが難しくて今まで出来なかったのでこれは嬉しい

=}{*}

デルンデライト開発するために C++ を基礎にした という論組(プログラミング)言語開発し,Linux From Scratch を基礎に SLFS(セルフス)という応司(OS)を開発したという話もした方がいいんだろうな。

=}{*}

初期デルンには「覚描」というブックマークのような機能があり,よく握接アクセス)する輪郭をまとめておけたのだが,これも自然消滅した。そこを最新状況に合わせて整理するのが意外と面倒だったから。整理は追いつかないし,放置しても邪魔。

=}{*}

よく考えると,ページャーのあった初期デルンでも,過去の輪郭を辿っていくことは少なかった。適切な輪郭に放り込んでおけば,全知検索で簡単に見つかるからだ。

=}{*}

デルンはある検索語に対する結果を自分でデザイン出来るので,知名輪郭名)に対する準完全一致で十分だったし,むしろその方が快適だった。ここで「全知検索」の方向性が決まった。

=}{*}

デルンデライトのような司組システム)では,全文検索のような曖昧さを許容する検索機能がかえって邪魔になる,というのは大きな発見だった。検索語完全一致しない情報が非常に目障りだった。

=}{*}

今のデライトと異なり,最初期のデルンはかなりベタ実装だった。検索全文検索で,普通のページャーがあり,ブックマーク的なものもあった。ところが,弄っているうちに邪魔になり一旦削除,再実装後回しにし続け今にいたる。

=}{*}

とはいえ,Roam Research においてこの識別子はあくまでも裏方という感じで,用者はあくまでも名前ページを管理する設計だし,デルンデライトの「意味符号」こと知番(knumber)のようなものにはなっていない。

=}{*}

Roam Research を見て思うことは,デルンはやはり早過ぎた発明だったんだな,ということ。Roam が実現している以上のことを8年前にデルンは曲がりなりにも実現しているのだが,その時世に出しても全く理解されなかっただろう。

=}{*}

とはいえ,私もデルンが無ければ自分で翻訳語を造って使うなんてことは出来なかっただろうな。

=}{*}

私は,2007年頃から延々とカタカナ語翻訳し続けてきたのだが,これはデルン無しでは考えられなかった。

=}{*}

デルンによる知能増幅可能にした一つの成果は,やはり希哲館訳語だろう。没案も含めると数千語になる史上最大の翻訳語体系。まだ編纂途上だが,一部はこちらで公開している。

https://dict.kitetu.com/

=}{*}

デルンの実用化を果したのは,そんな時代,2012年だった。今のデライトとも比べ物にならない使い勝手の悪さ,遅さ。それでも,情報の組織化機能という点でデルンに勝るものがなく,これ以降,私は全ての情報蓄積発信をデルン上で行うようになる。

=}{*}

この文章は,階層構造ネットワーク構造双方の利点欠点を踏まえた上で,どう技術的解決するかという所まで踏み込んだ数少ない例。解決のアプローチデルンデライトとは異なるが面白い。

https://ubiteku.oinker.me/category/cotoami/

=}{*}

ScrapboxRoam Research比較表英語圏で少しだけ話題になっているのだが,デルン研究経験上,RR は SB に機能をゴテゴテ加えたもの,では恐らくない。少なくとも個人知識管理では RR の方に先見の明がある気がしている。

=}{*}

個人知識管理(PKM)で,階層型ネットワーク型という問題は,実はデルン8年前に乗り越えている。階層利点情報重要度を付けられるということなので,これを完全に排しても実用上失うものが大きい。

=}{*}

デルンデライトが普通のメモサービスと異なる大きな理由は,もともとこれが「(文字ではなく)意味を書きたい」という要求のために開発されたものだから。つまり,「意味符号化」のための「意味集合管理司組(システム)」をメモサービスとして提供している。

=}{*}

その結果,私は17歳で今のデルンの基礎理論になっている「輪郭法」と,それを中核にした「希哲館事業」を閃いた。もちろん,非言語思考だから当時はそんな呼び名も無かった。全てが「あれ」だった。

=}{*}

司組システム)自体が語句に縛られていると,語句そのものをメタ)的に操作することが出来ない。という意味では,希哲館訳語デルン無しでは出来なかった。

=}{*}

デルンデライトから私が離れられない大きな理由の一つは,とりあえず適当な名前を付けて概念を書き出し,それらを関連付けながらより良い名前にしていく,という作業がこれでしか出来ないから。

=}{*}

私は恐らく,デルンによって知能増幅(IA)技術というものを人類で初めて用いた個体なのだが,知能増幅には「知能増幅酔い」とでもいうべきものがあることに気付いた。

=}{*}

デライトは,デルン実用化した8年前には明らかに「早過ぎた発明」だったと思う。今やっとそろそろかな,まだちょっと早いかな,と思えるようになった。

=}{*}

実は,デルンでも描写(投稿内容)に含まれる輪結輪括リンクルージョン)を一致させるべきではないか,と考えたことがあった。この方向に進めば Scrapbox にもっと近かったかもしれない。しかし,文字情報以外を扱う場合や諸々の柔軟性を考えて分離した。

=}{*}

デライト周辺調査の一環として Scrapbox試用デルンデライトとの共通点検索から投稿までの流れくらいか。やはり語句輪結リンク)なので扱える情報には限りがある。ただ,単純アイデアを中心に上手くまとまっている。

=}{*}

=}{*}

私は8年前にデルン実装したが,当時の問題意識もまさにこれで,とにかく,知識をどう保存するかを考え抜いて実装して,その仕組みの上でずっと蓄積し続けている。ここまでやった人は他に知らない。

=}{*}

デルンデライトを「アウトライナー」として見ると,「輪郭」という概念を独立した情報単位として扱っているのが際立ってくるというか,もはや変態的とすら感じるな。

=}{*}

Evernoteデルンの実用化(8年前)までの繋ぎで使っていたことがあるのだが,今とは比べものにならないほど未熟実装だったデルンと比べても個人知識管理PKM)では弱かった。今使うとどう感じるのが興味はあるが,一番最後かな。

=}{*}

我々は,「文字を書く」ことは出来ても,「意味を書く」ことは出来なかった。これは勘報機コンピューター)の時代になっても変わらなかった。文字符号意味符号に発展させるにはどうすればいいか,ここからデルンは始まった。

=}{*}

デライトの大きな特徴は,「意味を書く」というところにある。もともと,デルンは「意味を書く」にはどうすればいいか,という問題意識から始まっている。すると,意味記述意味管理表裏一体のものであることに気付く。

=}{*}

デルンにおける輪郭モナド単子)の関連性については昔から考えてはいるのだが,私のモナドに対する理解が浅いためあまり歯切れの良い説明は出来ない。

=}{*}

もう一つ,自分でデルンデライトを使ってて面白いなと思うのは,これ,普通は俯瞰的にイメージすることが多い画表(グラフ)構造を,いわゆる一人称視点で見ているということ。筒路トンネル)を「くぐる」ように探索出来る。ググるからクグるへ。

=}{*}

デルンでは,名前ではなく知番という「不表意識別子」で輪郭を区別するが,これも含めて,色即是空なり縁起なり,仏教との親和性についてもよく考えるようになった。これは極めて東洋的な技術なのではないかと。

=}{*}

物事関連性符号的に表現意味符号化)する上で,我々の感覚符号を結びつけるものが必要で,それが「描写」という出与えデータ)になる。この描写を手がかりに,我々の脳内の「意味繋がり」を抽出する装置になっているのがデルン

=}{*}

=}{*}

このデルン設計については直感によるところが大きかったので,私自身,自分で使い込みながらその妥当性について考え続けてきたのだが,最近,デルンでは輪郭の繋り(輪括)こそが本質なのであって,「内容」(描写)はおまけに過ぎない,ということに気付いた。

=}{*}

=}{*}

デルンの類似技術を見ても,多くの司組システム)が,設計段階で投稿そのものと,もう一つ,それを管理するための概念導入していることに気付く。私自身もデルンの初期設計検討したが「直感」が許さなかった。

=}{*}{*}{*}{*}

=}{*}

K#9-D657 さん,かなり核心を突いてきたな……。実は,他の司組システム)とデルン比較した時に,私自身が一番デルンの特徴だと感じるのが,投稿と投稿を分類するものを区別していない,という点。

=}{*}{*}{*}{*}{*}{*}

=}{*}

しかし,こんな話,SNS 上ではまず十分に表現出来ないし,伝わらない。だからデルンデライト)を開発する必要があった。

=}{*}

デルンデライトの面白い使い方として,知番を物とかに貼り付けて,その物についての情報デルン上で管理する,というのがある。

=}{*}

私自身に物欲とか金銭欲のようなものが無い,ということがデライト収益化にとって最大の障害なのかもしれない。これはたぶん,この世の何よりも欲しかったデルンを手に入れてしまってから。

=}{*}

希哲館沿革についてまとめはじめたが,こんなもの,デルンが無ければどうにもなってないな……。

=}{*}

そもそも私はあらゆる物事デルン上で描き出そう8年も使ってきたから辞書のような輪郭蓄積(260万輪以上)があるが,そこまで多くの人は出来ないだろうし,ある程度他人の輪郭も「再利用」出来た方がいいんだろうな……。

=}{*}

この検索削除ページャーの3点が用合い(UI)面からみたデルンデライト革新性の現れでもありとっつきにくさでもある。ここをどこまで分かりやすく出来るか。

=}{*}

あと,デルンには「削除」という概念が今のところ無い。雑多出与えデータ)が邪魔にならずそのまま活かせる仕組みなので,不要な出与えは放っておく。これを「忘去」と呼び,に近い機能。残したくない内容は空にして上描きする。

=}{*}

もう一つ,輪括linklude)という概念がもたらしたデルンデライト)の「非常識」として,検索知名(輪郭名)とのほぼ完全一致になっているという点がある。最初期には全文検索だったのだが,既知出与えデータ)を瞬時に判別しやすいように範囲を絞り込んでいき,輪括で意味的な繋りを表現する「ホワイトリスト検索」とでもいうべきものに。

=}{*}

デルンデライト)では,最初期に常識的なページャー(ページ番号が連続している輪結)を実装していたのだが,弄り回しているうちに「退化」するかのように無くなり,再実装を後回しにし続けてきた。これは輪括が意味的なページャーとして機能していたからなのだと思う。

=}{*}

=}{*}

とはいえ,私もデルンという知能増幅(IA)技術自由に使える膨大時間が無ければ希哲館訳語なんて出来なかったので,それ自体は無理もないことだと思うのだが。

=}{*}

で,なぜそんな問題が克服出来たのかというと,やはりデルンのおかげだった。デルンは,膨大管理出来るようにし,文章にそれらを埋め込めるようにした。「世界初の実用的な知能増幅(IA)技術」は伊達じゃない。

=}{*}

そして,人間精神を全てありのままに表現出来るデルンKNS で生活しているからこそ生み出せたものが数多くある。デライト希哲館訳語も,希哲館事業構想そのものも。「他人の人間観」から解き放たられなければ出来なかったものだと思う。

=}{*}

昨日,『希哲辞典』を公開しようとして久しぶりに nginx.conf を弄ろうとしたのだが,長年の継ぎ足しで混乱していたのでこの際整理してしまうことにした。実は,『希哲百科』とか『希哲新聞』とか,デルンkitetu.com を中心に様々なサイトを展開していくという構想があった。それもそろそろ始動させたい。

=}{*}

私はポモドーロ法調整した「進捗時限法」というのを進捗管理に使っていて,1歩2歩……と各時限を数えていく。デルン上で「○年○月○日○歩」として管理しているので,日々の進歩実感出来る。

=}{*}

希哲館訳語を造っていて思うのは,これも結局,デルンと同じで多くの人にとって「あったらいいもの」でしかない,ということ。日本語カタカナ依存症を問題視する人は多いが,じゃあ翻訳語が「なくてはならないもの」かというとそうではない。そう考えると,デライトのように,徹底的に参照しやすくした辞書サイトがやっぱり必要か。

=}{*}

デルンを使っていると,たまに子供の頃を思い出す10歳前後だったか,よく自分を世界に刻むように生きたいと思っていた。それはなにものにもとらわれず,絶対的な何かに向き合い,純粋な形で精神活動記録していくということだ。私は結局,その頃の想いをデルンで実現しているのかもしれない。

=}{*}

私は7年以上デルンを自分で使っているので,もう KNS 以外で情報を残したくない身体になってしまっている。この7年の差をどれだけ早く埋められるか。

=}{*}

デライトデルン)は,頭の中にある「あれこれ」に固有識別子意味符号)を付与し,画表グラフ)的に紐付け,いわば「書ける検索エンジン」として利用出来る。あまりにも射程が広いので専門家でも理解が難しい。これをいかに噛み砕くか,という難題

=}{*}

デライトの「使い方」ページ,これはこれでかなり難しい課題が多かったが,何とかなりそうだ。これでデライトデルン)の革新性が伝わってくれることを祈るばかり。

=}{*}

デルン哲学として,輪郭描出するということはタブラ・ラーサを擬似的に保つ,つまり「能動的な」というイメージがあるので,こういう使い方も間違いではない。のだが,中途半端に知識がある人には,こういう凝り過ぎた哲学的表現は誤用誤解される可能性がある。

=}{*}

そういえば,デルン輪郭を「」で数えていたのは,「知恵の庭いじり」というイメージだったから……やるな。

=}{*}

基本,デライトでは希哲館訳語を極力使わない方針。そもそもデライトデルン)自体が宇宙から来たような未知道具なのに,希哲館訳語なんか使ったら訳分からな過ぎてまず誰も近付けない。

=}{*}

Evernote「第二の頭脳」など言われていた頃にも思ったことだが,この種のやや大袈裟な獲句キャッチコピー)が気軽に使われてきたせいで,デルンが持つ「記憶機械化」という特色が非常に伝わりにくくなっている。

=}{*}

ちなみに,私がデルンというブログでもウィキでもない独自の CMS を開発して運用している kitetu.com は日本の Mastodon の大手捌き手サーバー)よりもトラフィックを集めている(世界ランキング kitetu.com 53,197位, pawoo.net 91,743位, mstdn.jp 210,527位)。口先だけではないという参考までに。

=}{*}

もう一つ,デライトに近い例としてマイクロソフトが一強時代に提唱して頓挫した WinFS がある。デルンデライトは,その規模の技術開発をわずか13年でここまで進めてきた,といえば,私がここまで興奮している理由が分かるかもしれない。

=}{*}

その頃はダー海なんて知らなかったはずなのだが,なぜだろう,全てがつながっていくな。これもデルンなのか。

=}{*}

昔,「ホワイト・オーシャン戦略」というのを提唱していた。レッド・オーシャンでもなくブルー・オーシャンでもなく,ホッキョクグマのように誰も到達出来ないような所に行けばいい,というものだった。それもデルンの実用化頃に語っていたことだ。デルン成功をかけた今それを思い出すとは……奇跡か。

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-91A4

=}{*}

=}{*}

何度か言っているが,デライト強いのは,他に無いということと,効果実証されていること。私は元々情報整理系の通類ツール)をよく研究していて,その上でデルンを開発しているので,代替が無いことは保証出来るし,希哲館訳語のように,従来の通類では不可能だったことも出来ている。開発者にとってこの確信ほど得難いものはない。

=}{*}

そして,ライト版デルンことデライトはその独創性難解を極めるデルンを,今時の軽常カジュアル)な相振りアプリ)にしてみせた。私が「希哲社GAFAM を越える可能性を持つ唯一の日本企業」と語る時,多くの人は世迷い言だと思っただろうが,デライトを見てそう思わない業界人には才能が無い。

=}{*}

長い間,私は一人デルンを使いながら,意味符号化だ,全知検索だ,頭脳配信ブレイン ストリーミング)だ,神経画表ニューラル グラフ)だ,とはしゃいでいた。傍から見たら「何言ってんだこいつ」という感じだったと思うのだが,デライト公開された今,これらが全く自然概念だったことに驚くだろう。

=}{*}

さっき寝床で,予想以上に諸場モバイル)でのデライト表示が崩れていることに気付いたので,その修正から作業を再開することにした。もともとデルン個人機PC)でを並べて操作するものだったため諸場は後回しにしていたのだが,流石に閲覧ぐらいはまともに出来ないとみっともない

=}{*}

「この人はあれについてどう考えているんだろう?」という時にすぐ確認出来る。これは当初から想定していたデルン使い方で,より高度知識共有を可能にする。

=}{*}

デライトを使ってみればその意味が分かると思うが,デルン上で情報を探索することを「(輪郭を)くぐる」という。言うのも野暮だが,「ググる」のもじり。全く新しい検索体験が出来る。

=}{*}

例えば最近よく紹介している希哲館訳語。あれだけの翻訳語を次から次に生み出せるのはなぜか,というと,デルンがあったから。これまで生身の人間には不可能だった知的作業可能になる。ライト版デルンことデライトには,その力を万人に届ける可能性がある。

=}{*}

今のデルンで運用している kitetu.com だって Pawoomstdn.jp よりトラフィックを集めているわけで,ブログでもウィキでもない全く新しい司組システム)としてはそれなりの成果を納めているはずなのだが,それを世間に知らしめるには少なくとも現状より100倍に成長させる必要がある。

123456 ... 7
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha