中国人

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
10月28日 17:55
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

希哲館事業は頭が良いのか悪いのか分からない事業である。頭が悪ければ考えられそうにないのに,頭が良ければやりそうにないことをやっている。この種の頭の悪さというのは,アメリカ人中国人にはよく見られるが日本人にはほとんどないものである。

=}{*}

日本人が右にならえで「浮動小数点」と書いている時,中国人は同じことを〈浮点〉と表現していた。技術用語なのだから,それくらいで良いのだが,そこまで考える人が少ない。これでは負けるのも当然。

=}{*}

アメリカ人が作り,中国人韓国人が真似て,日本人が語る。これで満足ですか,日本人のみなさん。

=}{*}

=}{*}

日本人無難信仰というか,安定志向って面白い。そりゃこの時代に経済が停滞するわけだ。アメリカ人中国人はその対極。どんな怪我を負っても見返りの大きい行動を選ぶ。

=}{*}

多くの日本人がつい最近まで中国の実力を甘くみていた一因がここにあって,一昔前までの日本における中国人のイメージって「不自由と貧しさを甘んじて受け入れている意志薄弱な連中」だった。しかし,歴史的に見ても実際の中国人を見ても,あれほど自己中心的で我の強い国民もなかなかいない。中共の強権はそれの裏返しだし,アメリカに対抗するようになったのも自然の成り行き。

=}{*}

米中貿易戦争中国人の団結力が高まっているという話,ちょっと恐ろしいな。一方のアメリカ南北戦争以来の分断状態だし,トランプの思惑通りに屈服しなければそのまま戦争に,ということまでありうる。

=}{*}

アメリカ人と比べるのは難しいが,中国人日本人に比べると合理的で我が強いとされているし,そもそも中国の政治が強権的なのは統治が困難だからなので,中国共産主義が与える画一的なイメージより個の潜在力は大きいのだと思う。

=}{*}

特に,自分の考えた訳語がたまたま中国語と被ったりすると,ちょっとゾクっとする。中国人カタカナ語とは無縁でアメリカを脅かす技術力を付けようとしているわけで。その強さが実感として分かってしまうというか。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha