知識産業

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲9年(2015年)
03月15日 02:32
下描き希哲9年(2015年)
03月15日 02:27
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

knowledge industry

この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

この状況日本はどうすれば再び飛躍出来るのか。答えは一つ。もう一度,産業革命を起こすしかない。それも,現在の世界経済を牽引する知識産業でだ。これが知識産業革命による日本再興計画「ジパング計画」。

=}{*}

ジパング計画というのは,知能増幅技術による知識産業革命を中核とする政策体系だ。簡単に言えば,GAFAM を凌ぐ知識産業を起こし,それを原動力に日本を世界の最先端にすること。

=}{*}

現在の日本人が抱えている問題,こと知識産業におけるそれは,何の遠慮もせずはっきり言ってしまえば,「外来知識切り貼りしか出来ていない」ことだ。知識日本人の血が流れていない。

=}{*}

私は,知能増幅(IA)技術による「知識産業革命」,そして知識産業民主主義を統合する「希哲民主主義」の確立を目指して希哲館事業を始め,その具体的な手段としてのデライトも一応の形にしたが,こう思いもよらぬ形で世界経済世界秩序が揺らぎだすとなんか怖いものがあるな。

=}{*}

そもそも工業化とともに形成されたのが近代以後の国家像なわけで,「脱工業化」というのが何を意味するのかは推して知るべしだ。いまの世界に必要なのは,知識産業に調和する新しい国家模体モデル)なのであり,日本はそこを目指すしかない。

=}{*}

日本人は確かに,産業革命以来の工業化競争の優勝者だった。しかし,勝った頃には世界脱工業化に舵を切っていた。日本人が工業化欧米人を追い抜くまでにかかった時間は250年以上。知識産業で同じことを実現するのに30年で済めば短かいものだ。

=}{*}

希哲館事業が最初に目指したのが「コンピューティング・ルネサンス」(computing renaissance),つまり流行に左右されない枯れた技術を中心にコンピューティングに関する能法ノウハウ)を集成し,知識産業の新しいにしよう,ということだった。この時,日本語がこの分野についてほとんど何も語りえない言語であることに気付かざるをえなかった。希哲館訳語原点

=}{*}

希哲館事業というのは,知識産業革命,その名の通り知識産業大革新を起こし世界を塗り替えることを目標に長年研究を重ねてきたが,それを実現する方法はこれしかないというのが結論。大袈裟なようだが,「世界命運デライトにかかっている」というのは大真面目にそう思っている。

=}{*}

これは,悟空地球存続をかけた戦いわくわくしてしまうことと同じ日本知識産業がこのまま沈むか飛躍するか,全てがデライトにかかっている……。

=}{*}

結局のところ,希哲館事業で私がやってきたことというのは,この日本知識産業基盤を作り,世界史上最大知識産業革命を実現することだったのだと思う。

=}{*}

あ,デルンを開発して,人類知のありかたを根底から変えられれば知識産業の頂点に立って日本世界も変えられるじゃん。やっちゃおう!という時点でアホの子だったのだろう。

=}{*}

可処分時間スコレー)の多さという点でいうと,私は世界一の「大時持ち」なのは間違いない。そしてそれは知識産業の時代において決定的な優位性になる。

=}{*}

哲学情技(IT)は,知識産業の核心でありながら,長年,日本人苦手分野だった。希哲館事業は両者をともに超一流に磨き上げるために生まれた。

=}{}

実はメモって人工知能より知識産業の本質に近い,ということはもっと認識されるべき。

=}{*}

もしかしたら10年くらい早いのかもしれないが,メモアプリ進歩の無さって改めて凄いなと思う。メモこそ知識産業の要といっても過言ではない,ということに,まさか誰も気づいてないわけはないと思うのだが……。

=}{*}

その思い込みに基いて,私は新現代思想と「新近代」の理論を体系化し,知識産業時代を主導するための技術基盤を応司(OS)・論組(プログラミング)言語水準から開発し……と「面白いこと」を追求したのだが,気付くと誰も理解出来ないものになっていた。

=}{*}

米国の流行に追随して(新し物好き)米国の技術を学び(勉強熱心)理不尽に耐えてしまう(忍耐強い)。日本人の美点だったはずのものが,知識産業ではこうなってしまう。どうしたものか。

=}{*}

この2,30年というのがちょうど日本経済の停滞期に重なっている。要するに,知識産業が勃興して,世界的に格差拡大が進行し始めた時期。事実上の社会保障として機能していた労働に差が出来過ぎてしまった。

=}{*}

知識産業革命とは,人間が自身の知識を効率的に処理出来る機械知機)の発明によって特徴付けられる産業革新で,「より高度な知識を生み出す知識」の資本的運動が知識産業と融合し爆発的な経済成長を可能にする。

=}{*}

ゆたぼん君のような強烈な自我と自由への志向を持った子供が,情技(IT)による知識産業の開拓に目覚めて,いわば「知我合一」とでもいうべき境地に達した時,そこには21世紀最大の可能性がある。それこそ現代の海賊王である。

=}{*}

いま世界中の政治が抱えている最も重要な課題は,「勃興する知識産業をいかにこれまでの社会制度と調和させるか」だ。拡がる格差を補正し,大衆と選り人(エリート)の間の壁を壊し,一致団結して知識産業の発展に専念出来る国が次の超大国となる。それを私は希哲民主主義国家,希哲日本と呼ぶ。

=}{*}

工業というのは,多くの未熟練労働者に雇用機会を提供していたという点で,暗黙の社会保障でもあった。補完策も無く知識産業がその株を奪うようになれば社会不安が増すのは当たり前だった。

=}{*}

知識産業というものがあって,たまたまそこに希哲館事業があるわけではない。希哲館事業は,世界の知識産業化を完成させるために生まれたのだ。

=}{*}

これは希哲学の歴史から考えると,ものすごい進歩だ。なにせ,近代化以降,無用の学問とされてきた希哲学への扉を万人の掌に開き,しかもそれが脱工業化知識産業化と結合した史上最大の富の源泉につながっているというのだから。実現すれば人類史を前後に二分する大画期だ。

=}{*}

希哲館事業……大きさも性質も異なる膨大な要素が有機的に結びつきながら辛うじて成り立っていて,意思決定に少しでも不純さが混じれば一瞬で崩壊する危うさがある。知識産業の極致を体験している気分だ。

=}{*}

よく言われることだが,情報技術の世界で英語が中心になっていることと,英語圏が主導権を握っていることは不可分だ。ただそれは単に読み書きが出来るか出来ないか,という問題ではない。高度で繊細な知識の結晶を生み出すのに,思考母語との強力な結び付きを活かせるかどうかだ。これが出来なければ,日本人はいつまで経っても後追い,どこまで行っても二流だ。

=}{*}

最近,デルンを使って思考をまとめていると,知識産業の限界に挑戦している感じがして良い。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha