希哲館

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲11年(2017年)
11月14日 01:04
下描き希哲6年(2012年)
06月18日 23:38
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲館(きてつかん,おもいかけのやかた)は,宇田川浩行が2007年11月1日に創立した事業体である。

館長は宇宙(Universe),現執務長は宇田川である。

外国語では基本的に音写する(例:Kitetsukan)が,補助的に「Philosophia House」のように表現する事もある。

古代から現代に至る文明を集大成し,次の文明のあり方を問う事業として宇田川が創始。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

希哲館では,日本語カタカナ依存症克服するための翻訳語体系構築しているので,是非力を貸して下さい。

https://dict.kitetu.com/

=}{*}

希哲館が抱える膨大な献典コンテンツ)をどう世に出していくか,いまはそれも大きな課題

=}{*}

自分でも冷静に振り返って驚いているのだが,希哲館ウェブサイトには,希哲館についてのまともな説明文すらない。今年のデライト正式離立リリース)まで,情報発信に関しては本当にまともな形で出来なかった。

=}{*}

もう一つは,「文化」の問題。人間がこのような道具を使って希求することを文化として確立する必要がある。これはもともと「希哲館」の根想コンセプト)だった。

=}{*}

そういえば,「知恵の庭」はもともと「希哲館」のウェブサイトだから館のというイメージで始まっていたんだった。それをデライトに流用しただけなのだから,「知恵の庭」は月庭用の表現に戻せばいいのか。

=}{*}

いま思うと,「希哲館」って無茶苦茶な命名だったな……。もう命名は私の仕事の一つになっているが,これが最初にして最大の命名だ。

=}{*}

希哲館には世界で一番面白い献典コンテンツ)がある。無いのはそれを見せる努力。頼むから努力してくれ,自分……。

=}{*}

しかし,考えてみれば,まともに希哲館献典(コンテンツ)整備を始めたのはつい先月のことなんだな……それだけ開発一段落するまで長かったということか……。

=}{*}

コロナ危機で,希哲館翻訳技術を広めたいというか,広めなくてはならないという使命感が強まってきている。いくらなんでもそれは……という翻訳が多過ぎるし,それ以前にカタカナ英語も多過ぎるし。

=}{*}

希哲館訳語というのは「希哲館が採用する翻訳語」のことであって必ずしも新造訳語である必要はないので,こういう場合にどういう翻訳語を使うべきか,という指針として機能するようにしたい。

=}{*}

希哲館訳語は,希哲館がいかに「自分の言葉で語る」ことに拘り,努力し続けてきたかのになっている。日本語で育った人間として,これ以上誇らしいことはない。

=}{*}

ただまあ,やっぱり献典コンテンツ)としては活かすべきだよな,とは思いつつある。希哲館はこれまで献典を死蔵し過ぎた。

=}{*}

というか,デライト開発一段落してから,希哲館がほとんど何も自身の事業について説明していない,ということに気付かされた。希哲館事業理解されていないというより,理解させようとしてこなかった。

=}{*}

もしあなたが,日本はこのまま衰退していくに違いないと言うなら,私は日本を世界史上最大の国してみせると言おう。日本語などもう捨てて英語に染まってしまおうと言うなら,日本語を世界中の人々が使うようにしようと言おう。希哲館にはこの世で最も大きく,決して枯渇することの無い希望がある。

=}{*}

世界金融危機以後の,あらゆる面でアメリカ追従になった日本において,ただ希哲館だけは,シリコンバレーを叩き潰し日本を誰も見たことがないような繁栄に導くことを語り続けた。それがいかに絶望的なことであろうとも。

=}{*}

コロナ危機絶望と正面から戦えるのは,もはや希哲館のみであります。

=}{*}

それは日本人だからなのか,といえばそんなこともない。古代ギリシャ哲学から知識産業革命へ,という理論世界に先駆けて希哲館が確立したものだから。私は日本人だし。

=}{*}

バグダードの「知恵の館」(バイト・アル=ヒクマ)ではギリシャ語文献のアラビア語への翻訳が盛んに行われ,古典古代知識継承発展された。これが欧州の諸言語に翻訳され,いわゆる累新ルネサンス)に繋がる。今度は「希哲館」によって,日本語が同じような役割を担うだろう。

=}{*}

消費税をどうするか,みたいな経済政策はもはや焼け石に水のようなもので,いま本当に必要なのは日本経済を大きく飛躍させる成長戦略。単純な話,日本が今の10倍成長したら大抵の問題は解決するわけで。それが希哲館ジパング計画

=}{*}

希哲館はすでに最悪のケースとしてブーティジェッジ当選想定している。こうなると,アメリカは「世界優等生」に戻ってしまうことになり,「混迷するアメリカに代わり希哲日本が世界を主導する」という筋書きが危うくなる。

=}{*}

ドロは,希哲館の「市場経済からを得つつに溺れない」という経済観象徴するものだったように思う。

=}{*}

仮想通貨ブームのはるか前から希哲館構想してきた仮想通貨に「ドロ」(dollo)というのがある。元々データの古い希哲館訳語に「泥汰」というのがあり,これと「蓮は泥より出でて泥に染まらず」ドルをかけたものだった。これもそろそろ何かに使えそうだ。

=}{*}

今,希哲館kitetu.com は全体として「上の下」くらいのトラフィックを集めている。一般的な知名度があるわけではないが,かといって小さくもない,という一番中途半端時期

=}{*}

希哲館事業の「人類史上最大の事業構想」にしても希哲館訳語の「日本語史上最大の翻訳語体系」にしても,どうも希哲館がやっていることは日本人視界には収まりにくいようで,私は事実を淡々と述べているだけのつもりなのだが,井の中の蛙放言と受け取られがちなのが玉に瑕。勘の鋭い人なら,単なる思いつきならかえって言えることではない,と分かるのだろうが……。

=}{*}

希哲館訳語に負けず劣らず,希哲館の「言語改革」を支える豊富蓄積を持つが,やはりデライト成功しないことには世に出せないものの一つ。

=}{*}

又(メタ)構文変数foo, bar, baz 以降は使用頻度が低い割に規則性が無く覚えにくいため,希哲館では bay, bax ... と末尾を逆アルファベット順にしていく方法を提唱している。

=}{*}

12年前に私が「希哲館」(希哲社)と名付けた時,たぶん誰も情技(IT)企業だとは思わなかっただろう。でも,私にはそれぐらい思想的に深いところから始めなければ日本の情技産業は変えられないと思っていた。要するに,日本哲学情技を同時に完成させてしまおう,という目論見だった。

=}{*}

そこで,「新しい神」(人工知能仮想通貨)から「新しい人間」(知能増幅(IA)技術)へ,という問題意識が立ち上がってくるのであり,希哲館はその最先端技術としてデライトを開発している。これが真の意味での「ビジョン」というものだ。

=}{*}

実は私はむかし,京北中学校というところに入ったことがあった。これは東洋大学と同じ母体で,要するに井上円了の「哲学館」が源流にある。これも,「希哲館」と名付けた時には意識しなかったことだが,全く無関係なのか,と言える自信はない。

=}{*}

WeWork を見ていると,何となく初期の希哲館事業構想を思い出す。もともと,希哲館という施設を全世界に普及させて,そこを学習者や知的生産者の交流拠点にする,という構想があった。大学図書館のような機能を持った公民館のようなイメージで。

=}{*}

ただ,今までは「日本極大国ハイパーパワー)にして希哲館を中心とした新国際秩序を樹立する」とか語ってても,顔を隠してるからまだネタっぽさがあったと思うのだが,この顔出しをすることによって危ない奴感が3倍くらいになるな。

=}{}

だから私は希哲館というに籠っていれば無敵なのだが,その城が避けて通れると思われたら無視されるだけ。世間を巻き込むには,この城を「要衝」にする必要がある。その鍵がデライト,ということになる。

=}{*}

月庭は月庭で,希哲館世界観自由表現する場としての意義があるので,単に無個性にする,ということはしたくなかった。そういうジレンマを「二刀流」で解決する,というのは良い思いつきだった。

=}{*}

そもそもある程度ものを知らないと希哲館が何をしているのか入り口の時点で理解出来ないし,それが理解出来る人は狙いを察するので,どちらにも避けられてしまうという。

=}{*}

考えてみれば,希哲館も私も明らかに常軌を逸した情報を発信し続けてきたのに,良くも悪くも話題にならなかった。炎上でも,もう少し何かあってもよさそうなものなのだが,触れないくらい危ない奴だと思われていたのか……?

=}{*}

そういえば今の希哲館,昔あった「サボルーチン」とか「とろける公共」みたいな,ゆるい用語が無くなってきてるな。

=}{*}

希哲館訳語カタカナ依存症を治し,交度英語(Code English)で勘報上で扱う諸言語の語彙を統一し,実装する。今の希哲館でこれが出来ていることの意義はとてつもなく大きい。

=}{*}

ただ,希哲館秘密主義的な方針を見直し,積極的に情報発信するようになったのが昨年なので,この内容で広報歴1年と考えると色々凄いな。

=}{*}

希哲館の場合,話題性以外のものが完璧に揃っている状態なので,ないものねだりではある。というか話題になった時点で現代の概念が変わるようなことやってるしな……。

=}{*}

はっきり言ってしまえば,デルン普及するということは,世界中の全学術的権威希哲館を頂点に再構成されるということでもある。必ずそこには「抵抗勢力」が生まれる。

=}{*}

世界の頂点を取れる強さと,日本で好まれる愛嬌は両立しうるのか,という究極の難題。だが希哲館はどんな難題でも解決してきた。

=}{*}

よく,希哲館事業投資を受けられる事業だったらどんなに楽かと思うことがある。でも,楽なのは一時だけ,投資を受けた時点で希哲館絶対的独立性を失うことになり,希哲館事業構想骨抜きになる。だからあくまでも独力での収益化にこだわり続ける。

=}{*}

希哲館はすでに,「世界最高」を少なくとも二つ用意してきた。一つは,ザナドゥ計画WinFS を凌ぐ情報技術デルン実用化,もう一つは,これまでの現代思想の枠組みを越えた新現代思想を世界で初めて体系化したこと。あとはこれを知識産業革命に結実させられるかどうか。

=}{*}

希哲館事業発足から約12年,色々な発明があったが,一番の発明は,全ての発明の「」として継続蓄積を支えてきた希哲館という概念そのものかもしれない,と思うことがある。粘り抜くには考え抜かれた理念が必要。

=}{*}

結局のところ,今の政治というのは世界中どこでも「進路を見失って立ちすくんでいる状態」だと考えれば理解しやすい。昔はこういう世界にしよう,と哲学者たちも語れたのだが,今は誰も人類の進むべき道について語れなくなってしまっている。希哲館を除けば。

=}{*}

一昔前のアメリカならともかく,今のアメリカは「ならずもの国家」と言われても仕方ない状況だし,まさに正義なき時代理想なき時代が訪れたという感じだ。そしてここに希哲館があり,「新しい物語」がある。そして大戦はいつ起きてもおかしくない。さて……。

=}{*}

日本の場合,もともと江戸幕府近世日本)と薩長近代日本)という対立軸があったわけだから,こうなるのも自然なのか。希哲館中世日本からやってきたようなものだが。

=}{*}

=}{*}

SNS喧騒にかき消されない集積地ネット上に築き上げ,反知性主義から人類知を守護すること。それが希哲館の使命であり,デルンが可能にすることだ。

=}{*}

良いかどうかはともかく,希哲館日本で一番希望に溢れた場所なのは間違いないな。

=}{*}

ソクラテスの死から二千四百年,ついに人類は「の希求」から利益を生み出す手段を手に入れたわけである。「希哲館」と名付けられた機関によって。

=}{*}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha