日本の政治

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲7年(2013年)
07月11日 20:26
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

桜を見る会って,日本人懐柔するのに一番都合が良い催しだし,安倍さんがその辺を心得ていたということだろうな。名誉ある場に招かれて悪い気がする人も少ないし,有名人を巻き込めば大衆もその雰囲気に飲まれてしまう。

=}{*}

三原じゅん子さんは,日本の政治がすでに明確な衆愚政治に陥いっていることを表現してくれているのだと思えば,それなりに意義のある政治活動をしていると思う。

=}{*}

小泉進次郎さんのような,見かけだけで中身のない政治家が人気を集める日本,大丈夫か?というのはもっともなのだが,ただ,表面的にでも多くの国民が綺麗なものを求めている,というのはまだマシな状況だと思う。本当に怖いのは,品性下劣醜悪な人物が「敵対勢力を潰すために」選ばれてしまう政治状況。と,トランプ当選からの米政情を観察してきた者としては思う。

=}{*}

日本の政治における家系って面白いな,と思うのは,いわゆる保守層明治以後の成り上がり政治家一族(安倍家麻生家小泉家等)を中心にしていて,リベラル徳川家細川家など少なくとも江戸時代からの名家と(場合によっては)天皇を信奉していること。長い歴史のなせる業。

=}{*}

本来は,こういう人が理性良識を持って大衆を宥めなくてはいけないのだが,残念ながら誘惑に負けて有権者の機嫌取りに走ってしまう弱い政治家が多い。彼が今の自民党の中でどこまでやっていけるかで日本の政治の健全度がある程度測れそう。

=}{*}

=}{*}

日本には「保守層」の実質的な対義語が無い気がする。「無党派層」とは言っても「革新層」とはあまり言わないし。

=}{*}

波風を立てたくない,大きな流れに逆らいたくない,という日本人の精神性がこの状況を生んできたのは明らかで,それは技術革新の遅れにもつながっている。ただ,私はこの「遅さ」は必ずしも悪いことではないと思っている。加速し過ぎたイギリスアメリカの政治的混迷をみれば。

=}{*}

最近の日本政治状況,昔から言われ続けてきた「上からの民主化」の弊害が噴出している感が凄い。多くの日本人民主主義政治とは無関係でいたいという臆病さをいびつに共存させている。

=}{*}

そういう意味で,最近,問題なのは左派右派の違いではなく,日本の大飛躍を目指す「上派」と細々とやっていこうぜみたいな「下派」の違いなのではという気もする。もちろん私は上派だ。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha