知の血

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
07月09日 19:09
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

しかし,希哲館訳語が無ければデライト開発もここまで順調には行かなかっただろうな,と思うと,やっぱり言語は「知の血」だ。母語の力を最大限に活かして考え書く,ということがいかに重要なことか。

=}{*}

言語は「知の血」だ。カタカナ英語で埋め尽くされた文章を書き,英語圏開発された論組(プログラミング)言語を与えられるがままに使っている現状では,日本の知識産業未来は無いと断言出来る。希哲館事業はその運命を変えるためにやってきた。

=}{*}

言語は「知の血」だ。言語を蔑ろにするところには育たない。

=}{*}

言語知識血液,いわば「知の血」だ。それをないがしろにしてきたことが,いかに罪深いことか。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha