正対主義

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲12年(2018年)
01月30日 19:09
下描き希哲6年(2012年)
05月14日 14:27
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

正対主義(せいたいしゅぎ,英訳:〈resolutism〉とは,宇田川の用語である。「正対」は「真正面から向かい合う事」を意味する日本語。

硬直しがちな絶対主義,それに対する逃避的態度になりがちな相対主義の対立を,「独立した立場を保ちながら既成の価値観とも対話・対峙し続ける」事で乗り越える態度を指す。

文化面では『「かぶき」から「くじき」へ』(#F85E/A-2905)と表現する事もある。

長らく直訳の〈confrontism〉を英訳語としていたが,希哲12年1月30日,新たに〈resolutism〉を採用。〈absolutism〉〈relativism〉を連想しやすい語感でもあり,〈resolute〉には決意という意味が,同源の〈resolution〉には解決といった意味があり,弁証法的にも解釈出来る。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha