Twitter

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲12年(2018年)
02月03日 14:14
下描き希哲6年(2012年)
08月28日 15:22
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

「Twitter」は,ウェブサービスの一つである。

宇田川が利用しはじめたのは希哲4年2010年),デルン実用化の希哲6年2012年)に離脱。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

デライト開発を通して私が学んだことは,世の中で当たり前のように使われている製品を開発することがいかに難しいか,ということ。だから開発者の方々への敬意自然に湧いてくる。Twitter とかも,一見単純に見えるから「似たようなものはすぐ作れる」と言われたものだが,とんでもない。

=}{*}

Mastodon はポスト Twitter としては今のところ失敗しているが,あれだけ話題を集めたら個人開発の OSS としては大成功だよな……。

=}{*}

ちなみに,この @Hiro_twst でやっている「ツイスト」(デライト連動ツイート)というのは,デライト上の投稿マイクロブログに再投稿するという手法情報を紐付けて蓄積出来るデライトと,Twitter発信力を同時に活かせる。

=}{*}

デライト入門者向けに一つ分かりやすい使い道提示するなら,「意味に基く輪結リンク)を縦横無尽に張り巡らせることが出来る Twitter」として使うこと。要は風変りなマイクロブログ

=}{*}

デライトの「分かりにくさ」というのは確かに問題で,それは多分,文書用合い(UI)などの未整備による部分と,それを取り除いても残る部分があると思う。後者は,昔 Twitter使い方が分からない人が多かったように,文化的課題もある。

=}{*}

Twitter鳴体メディア)としてのという点で,昔は「フォローしてる人間が悪いだけ」というのが常套句だったのだが,悪質低質ツイートを完全に排除は出来ないし,その手のツイートに影響力を持たせてしまうのも事実なので,そろそろ Twitter も限界を迎えているとは思う。

=}{*}

私も Mastodon捌き手サーバー)を3年くらい運用していたが,あれだけ「成功」した望事プロジェクト)でも Twitter のような主流サービスには遠く及ばないものなんだな,と思い知らされた。

=}{*}

Twitter 的なものから距離を取るために生み出したものが,こうして Twitter を利用することに役立つとは,皮肉なものだ。

=}{*}

直感的ツイストTwitter でやってみてもいいんじゃないかと思ったが,よく考えてみれば,Mastodon で生まれたツイストのおかげで Twitter に依存せず Twitter を利用出来るようになっている。

=}{*}

そういえば,「絶望」って流行ってたな,むかし Twitter とかで。その方がウケが良かったのだが。

=}{*}

いまや100万フォロワー越えを抱える日本アカウント200以上あるというのも隔世の感がある。しかも1位700万フォロワー越え。私が本格的に Twitter を使ってたのって,確か孫正義さんが日本人で初めて100万突破したという時代。

=}{*}

最近 Twitter宣伝用に利用することが多くなり思うが,いまは1万フォロワーあってもマイナーな部類なんだな。昔は一般人で1万フォロワーもあるとちょっとしたネット有名人という感じだったが,いまは,誰?みたいな人でも数万フォロワーくらい持ってたりする。買えるからというのもあるのか。

=}{*}

=}{*}

ある程度 Twitter に慣れた頃,自分の色を出したツイートをした途端,面白いくらい反応が止まった。その時,私は SNS(的なもの)も決して自由世界ではないんだな,と悟った。そこでは「皆の目線」に合わないものに力が与えられることはない。そう悟った瞬間,私はネット界ダース・ベイダーと化したのだと思う。

=}{*}

ところが,私は SNS ウケするような文章を書くのは別に不得意ではなかった。昔,Twitter を使い始めた時,私も調子よく当時の Twitter ウケするようなツイートをよくしていて,初期は割とよく拡散されたりフォロワーも増えていた。

=}{*}

Twitter JapanTwitter の運営に関してはほとんど権限の無い組織らしいが,イメージ悪化は避けられないな。これは利用するしかない。

=}{*}

まあ,好意的に考えれば,〈tweet〉〈toot〉はともかく,ツイートツートは流石に Twitter に怒られるんじゃないか,と心配したのかもしれない。

=}{*}

企業なら,こういう普通の人が気付かないような非常に微妙なところを考える人がいたりして,Twitter なんかはまさにそういう努力を繰り返して今の地位を築いているのだが,OSS だと開発者に「自分は気にしないし」と言われてしまうとそこで終わりなので,やっぱりそこは OSS 製品の普及面での欠点なんだな,と思った。

=}{*}

デライトも当然収益を上げなければいけないわけで,そうなると広告をどう扱うかという問題があるのだが,美観の問題であまり下品な配置にはしたくない。Twitter に似た感じで,個々の輪郭の間に邪魔にならない程度に挿入することになるだろう。

=}{*}

ちなみに,Twitter でも宣伝を始めていて,こことは違って極力親しみやすいように差別化している。信じられるだろうか。これが「世界初の実用的な知能増幅(IA)技術」の驚異的擬態である。

https://twitter.com/Dlt_jp

=}{*}

かといって,Twitter そのものをあまり弄り回してしまうとシンプルな良さが損われていくので,Twitter 社が成長しようと思ったらさっき貼ったようなフランチャイズ化でもするか,Twitter はそのままに,もっと大きく中心になるような製品を出すか,しかない。

=}{*}

しかし,Twitter くらい影響力のあるサービスでも,企業としてはいまいち成長していないのはちょっと恐しいものがある。私はずっと Twitter の問題点として「拡張性の無さ」を挙げてきたが,やはり本質的にニッチなサービスなのだと思う。母体になりえないというか。

=}{*}

Twitter 分散化の話,赤字が問題になっていた頃に書いたこれを思い出すな。もう2年以上前か……。

Twitter フランチャイズという奇策

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-4686-CDC0

=}{}

Twitter の方にも告知しておかないと,と開いて気付いたが,そもそも Twitter で宣伝するのを忘れていてほぼ誰も見ていなかった。良かったのか悪かったのか。

=}{*}

私も品がある人間ではないので,最悪道徳的でなくてもいいから,せめて面白いことして?と Twitter あたりにいる人達には切にお願いしたい。

=}{*}

ネットデマ被害者が続出して,「Twitterデマが出てもすぐ訂正されるから問題ない」という類の主張がいかに愚かだったか,反省する必要があるな。

=}{*}

これは例えば Mastodon のような分散型 SNS でも同じで,分散型 SNS が比較的平和なのは,ある程度「分かってる人」しか使っていないから。特別な仕組みがあるわけではなく,特別(特殊)な人が集まっているだけ。だから,何かの間違いで下手に普及してしまえば Twitter と同じことになる。

=}{*}

東浩紀さんの Twitter への問題意識には共感出来るのだが,「今更?」というのも大きい。私は7年前には SNS から離脱して自ら KNS(knowledge networking service)を開発し始めたので。

=}{}

いまの Twitter,良くも悪くも「普通じゃない人」は居辛い場所になっちゃったな。有名人じゃなければクラスタに閉じ込もっていればいいが,ちょっと有名だと「普通の人」の標的になってしまうし,キリがないのでブロックも事実上機能していない。

=}{*}

正直,Twitter あたりで「意識高い系」のツイートなんか見てると「うわっ」と思ってしまうが,そこにも人間がいる事実とは向き合わなければいけないわけで。

=}{*}

Twitter を倒すために Twitter で宣伝するというトロイの木馬的な何か。

https://twitter.com/dlt_jp

=}{*}

Twitter が最近やばいと思うのは,金配り系のツイート,信じ難いほど幼稚なデマがよく並ぶようになったこと。申し訳ないが,すでに便所の落書きみたいな場所になりつつあると思う。ああいう場所で心を込めて文章を書こうとは私なら思わない。

=}{*}

最近よく感じるのだが,「頭の良い人」は Twitter のような SNS から抜け出そうとしている気がするし,多分その方がいい。というのも,「無知による批判」を平然としてくる人と同じ土俵に立ってしまうことになるから。SNS が大衆化し過ぎて,一部の人にはしんどすぎる場所になっている。

=}{*}

Twitter@KTK_bod,(大して使っていないが)2年以上経ってようやく「bot の意味分かってんのか」的なツイートを見つけてちょっと嬉しかった。ボット風のただの宣伝アカウントだからボッド(bod=奴)なのだが,誰も反応してくれなかった……。

=}{*}

=}{*}

Mastodon って,結構馬鹿にされているような印象があったが,冷静に見ると結構先進的な技術の詰め合わせだな,と思う。Twitter とは比べ物にならないが,これだけ話題を集めて拡大するのも決して簡単なことではない。オイゲンさんは凄いよ。

=}{*}

MastodonGIF 動画MP4 に変換されるの,Twitter でも同じ仕様だったんだな。サイズがかなり圧縮出来るらしい。

=}{*}

それが腹の立つ Windows であれ単純そうな Twitter であれ,使われ続けている柔品ソフトウェア)はみんなそれなりに作るのが難しいもの,ということを知らないと柔品開発は難しい。

=}{*}

ツイストというのは,意味を扱えるデルン上の描出分散型 SNS に配信することで,情報蓄積情報発信を相乗的に進めることが出来る,という技術なのだが,これが ActivityPub で出来るようになると,いよいよ Twitter の死という感が。

=}{*}

世相を反映してか,最近の Twitter地獄絵図みたいな状況になってるな。めまいが……。

=}{*}{*}

=}{*}

ある司組システム)が情報蓄積に向いているかどうかって,「これまでの情報が新しい情報にどれだけ影響を与えられるか」である程度測れると思っている。その点で,Twitter も含め既存のマイクロブログは壊滅的に駄目。まず過去のツイートを再発見する仕組みが弱すぎる。

=}{*}

私自身も Twitter を使っていたからよく分かるが,マイクロブログの悪いところは「何か蓄積している気がする」ところ。実際には底に穴が開いているバケツみたいなもので,後で役に立たない情報を後で読めると思ってしまう。当時「後で読もう」とお気に入りにしたツイートとか,全くといっていいほど見返してない。

=}{*}

こればかりは,情報蓄積が出来ない SNS の根本的な問題。Twitter なんか,何万ツイートしても情報として蓄積されてない。

=}{*}

Twitter開発者リツイート機能を加えたことを後悔している,と発言したのが話題になっているが,非公式 RT の時代を知っていると,ちょっと違和感があるな。てっきり,非公式 RT の弊害を解消するための機能だと思っていた。

=}{*}

=}{*}

しかし,世の中がまだ「Twitter政治が動いている」ことに驚いている段階だと,こんな話がちゃんと聞いてもらえるようになるまで何十年かかるか分からない。それを数年以内で実現するのが私の仕事なのだが。

=}{*}

むしろちょっと驚いたのは,Twitter政治に与えている影響に今更驚いている人が多いことだった。例えば私がこれまで「デルンによる KNS反知性主義を越えた希哲民主主義を実現しうる」と言っていたのは,デルンを利用したツイストが高度な情報蓄積を可能にするからだったのだが,世の中の認識がこれなら,いまいち反応が薄いわけだ。

=}{*}

今回の米朝首脳会談にあまり驚かなかったのは,トランプの言動に慣れていたのと,そもそも Twitter のようなネット媒体政治を動かしている,ということはずっと前から分析していたからかな。そもそも希哲民主主義って「ネットの構造を変えることが世界を変えることに繋がる」というのが前提だから。

=}{*}

Twitter のようなものが一概に悪いとは言わないが,マイクロブログのサイズに合わせた人間しかいない世の中って哀しいと思う。だから私はその枠組みをぶっ壊す側に立ちたい。

=}{*}

Twitter というかマイクロブログってそういうもので,読み手に興味の無い話題,主義主張を見せればフォローを外されてしまうので,人気を得ようと思うとどうしても話題は限定的に,内容は類型的にならざるをえない。私が「そんな話興味ない」「こういう人だと思わなかった」という反応を恐れないのは,やはりデルンKNS に支えられているから。

=}{*}

Twitter なんかは分かりやすくて,ああいうところでは,上手く「キャラ作り」をして,フォロワーが求めることだけを書く,というのが一番強い。でも,私がやりたいのはそういうことではなかった。人間としての可能性をいかに最大化するか。希哲館ではしばしば「累新」(ルネサンス)という言葉を使うが,そこには,断片化に抵抗する「人間復興」という強い意識がある。

=}{*}

Mastodon の登場には大きな意義があると思うものの,Twitter に対抗出来るほどの将来性は元々感じていないのだが,ツイストと組み合わせれば ActivityPub切り札になりうる。「マイクロブログ革命」だ。

=}{*}

Twitter はインフラだ,というなら日本人も「Twitter 支援特別措置法」でも作ってそれなりの対価を払う必要がある。それが出来ないならどう恣意的な運営をされようと嫌なら使うな,ということでしかない。だから私はまともには使わない。

=}{*}

@UN_NERV 凍結問題に限らないのだが,Twitter が経営者の思想信条すら定かではない一営利企業に過ぎない,ということを何故問題が起きるまで忘れていられるんだろう,と思うことは多々ある。

=}{*}

みんなで「客観的」な知識を集めようという Wikipedia 的なことでもなく,みんなで好きな人とつながって,好きなことをつぶやいてればイイよねという Twitter 的なことでもなく,個人主観的に知識を改善・拡大していこう,というのがデルンが「メカソクラテス」たる所以。

=}{*}

Twitter が議論向きではない,という一つの理由は,例えばこういう議論をした時に,冷静に状況を分析して論理的に整理された地味な話よりも,「Twitter だって議論は出来る!何の問題もない!」みたいな感情論の方がウケて拡散してしまいやすいこと。その先に今の社会分断がある,といっても大袈裟ではない。

=}{*}

Twitter は議論に向いていないというか,議論のための十分な機能が無いとは思う。「Twitter でも議論が出来る」ことは「Twitter が媒体として議論向きである」ことにはならないのだが,ここを間違えている人が多かった印象がある。議論が出来るか出来ないかだけなら,手紙でも電話でも議論は出来るだろう。

=}{*}

昔よく,Twitter は議論に向かない,いや向いている,という議論があった。少なくとも,対立している集団が対話出来る仕組みではないのは明らかになった。

=}{*}

このツイスト,去年のはじめくらいに発明して,一人で「マイクロブログ革命」とはしゃいでいたので何事かと思っている人もいるだろうが,実際のところ,Twitter を殺せる唯一の可能性だと思っている。Mastodon とは別の意味でマイクロブログの質を変えた。

=}{*}

思えば,ほとんどの人が TwitterFacebook 等に時間を費していた7年間のもの間,私はひたすら月庭に書き込み続けてきたわけで,これは間違いなく一つの優位性だ。

=}{*}

いま,個人サイトとか多くの人が想像している以上に悲惨な状況で,デザインも良いし,文章も上手いのに全然握接(アクセス)が無いサイトって山のようにある。Twitter あたりで下らないことを書いていた方がよほど注目してもらえたりする。

=}{*}

まあ,Twitter なんかでは「元号で時代を捉えるのは前時代的だ」という人もいるのだが,いまどき西暦ばかりで嫌なら元号なんかさほど気にしなくても生きていけると思うし,そこまで目の敵にすることでもない気がする。

=}{*}

あれだけの水準でサービス開発して運用するのって,見た目よりずっと大変だと思う。昔から「Twitter なんか作ろうと思えば作れる」という人もいるが,現実にはかなり難しい。Twitter が完璧だとも安泰だとも思わないが,Twitter が単純に見えるのは,単純に使えるように工夫されているからで,それ自体には馬鹿に出来ない価値がある。

=}{*}

しかし,こういう時に Twitter に留まる主な理由が「人が多いから」というのはある意味 Twitter の脆さを象徴している気がする。ブランド力の差で「Twitter 的なもの」に対する優位性を保っているだけで,Twitter よりも本質的に優れたサービスが出てきた時に留まる理由が無い。

=}{*}

いま Twitter はそういう意味で非常に脆弱な状態にあると思う。お世辞にもコミュニティとしての質が高くはないし,魅力はと聞かれて,気軽さと人の多さしかないのなら,もっと画期的なサービスが登場した時に手も足も出なくなる。

=}{*}

Twitter って,近便(コンビニ)みたいなもので,単体ではサービス過剰で採算性の低い事業だったのだと思う。だから,魅力を損わずに存続させたいなら,Twitter を一つの衛星として活用出来るような,もっと普遍的な盤本(プラットフォーム)を創るしかない,というのが私の持論だった。しかし,Twitter 社はサービスの魅力と合い所(アイデンティティ)を犠牲に採算を取った。

=}{*}

結局,Twitter は Twitter ではないものになることで延命を計ったか。悪手だな。

=}{*}

Twitter,日に日に地獄絵図感が増している気がする。話題がどんどん低劣化していく。

=}{*}

Twitter での「金配り」問題,やった人間も釣られた人間も「さもしい」としか言いようがないし,端的に言って Twitter 文化の腐敗が行き着くところまで行った感があるのだが,デライトを世に出すには絶好の時機ともいえる。

=}{*}

Twitter をはじめとするマイクロブログは,残念ながら情報の蓄積には向いていない。Twitter は私もそれなりに使い込んでいた時期があるし,今も Mastodon を利用しているからその有用性はよく理解しているつもりだが,マイクロブログは使っているだけで何か知識が蓄積・改善していく,というようなものではないし,これが普及した社会全体としてはむしろより感情的に,短絡的になっているように見えることすらある。

=}{*}

目下,デルン公開に向けて諸整備作業を進めているが,やはりツイストが目玉になりそうだ。機能面で Twitter やその派生品を越えていることは間違いないが,問題は徹案(デザイン)。根想(コンセプト)をいかに明確に,分かりやすく出来るか。

=}{*}

私にもっと実装力があって,すぐに細部の実装を磨き上げることが出来れば,この時点で Twitter に対して勝利宣言をしても良いくらいかもしれない。開発者本人の感覚ではまだ荒削りの域を出てない。荒削りを心配していたら何も出来ない世界とはいえ,どうだろうな……。まあいいや。勝った勝った。

=}{*}

Mastodon,Twitter と比べてあれこれ言われがちだが,OSS にしては徹案(デザイン)的にも珍しく良い方だと思う。マスコットも可愛いし。Twitter が迷走してるのもあるけど。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha