保守層

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲11年(2017年)
02月05日 12:49
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

保守リベラルも,実はおかしな発言をしたりデマを流したりする程度に大きな差は無い。確かに,保守層迷信的なデマを流す傾向はあるのだが,リベラルはリベラルで,些細なことをヒステリック拡大解釈して情報錯乱させることが多い。

=}{*}

イラン情勢,一つ望みがあるとすれば,ハメネイトランプも,保守層からの支持を維持するため弱腰には見られたくないが,戦禍も免れたい,という点では一致しているという所。双方が合理的であればゲーム理論的な落とし所はあるはずだが,片や宗教,片や馬鹿なので,まあ理論的な予測は不可能だろう。

=}{*}

トランプは口先では好戦的なことを言いつつ軍事行動には消極的だったという点を私は評価していたのだが,やはり保守層からの「弱腰」批判に負けてしまった感がある。言うまでもなく,彼が冷静でいられなかった背景には弾劾裁判選挙を控えた状況がある。

=}{*}

リベラルTL を見ると,保守層に対する批判の後,それはそうとこんな美味しいものを食べてきた,とか,海外旅行に行ってきた,みたいなことを楽しそうに語っている人が多い。つまり,彼らにとって政治問題というのは理念の問題であって,差し迫った現実の問題ではない。

=}{*}

面白いことに,どの国にも保守的な発言で注目される外国人,というのがいて,最初は単にその国のことが好きな人だったのだろうと思うのだが,保守層が「外国人という立場で保守層を擁護してくれる人」を求めるから,いつの間にかそういう「仕事」になってしまっている,という場合がある。

=}{*}

日本の政治における家系って面白いな,と思うのは,いわゆる保守層明治以後の成り上がり政治家一族(安倍家麻生家小泉家等)を中心にしていて,リベラル徳川家細川家など少なくとも江戸時代からの名家と(場合によっては)天皇を信奉していること。長い歴史のなせる業。

=}{*}

たまに SNS のアカウントなんか観察してみると,いわゆる保守層は必死に「愛国」的な投稿を連投していて,生活を匂わせる投稿も地味なものばかり。リベラルはどうかといえば,知的な仕事や旅行の合間に政治批判をして,美味しい物を食べて,趣味に興じて……。政治に対する切実さが明らかに違うので,そりゃ負けるわと思う。

=}{*}

保守層が「真実」を無視するようになったのは,知識層無力化知の無力化によるところが大きい。世界には新しい知の裏付けが必要であり,論理実装主義はそのためにある。

=}{*}

日本には「保守層」の実質的な対義語が無い気がする。「無党派層」とは言っても「革新層」とはあまり言わないし。

=}{*}

私が安倍晋三さんを好きになれない理由は分かりやすく「強い者に媚び弱い者に厳しい」タイプだからなのだが,こういう時代にあの手の政治家が保守層にウケる理由は分からないでもなくて,特に外交では変なリスクを取らないという安心感があるのだと思う。名誉よりも利益。

=}{*}

保守層の特徴として「選り人(エリート)に対する反感」と権威主義というのがあるので,保守層ウケを狙ったデマというのは何らかの権威を背景に教育程度の低い層の情緒にうったえかけるようなものが多くなるのかもしれない。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha