政府

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
05月17日 17:00
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

私が昔からよく指摘している日本の情技(IT)業界問題に,とにかく失敗他人のせいにする気質,というのがある。政府警察邪魔をしたとか,世間無理解だったとか,何というか,「ちやほやされて成功したい」という願望が見え隠れする。相手がたとえだろうが政府だろうが抜け目なく闘い成功を盗み取ってやろうという覚悟が無い。

=}{*}

「大きな企業が絶対的に強い」なら,大きな企業が大きな企業を吸収していけば無敵だし,それを政府管理すれば社会主義が完成する。もちろん,それが成り立たないことは歴史が証明していて,盛者必衰の前提で,多様性を生み出す資本主義が繁栄しているわけだ。

=}{*}

台風15号被災地への政府の動きがなかなか見えないなか,それを批判する者に対して,「上には上の事情がある」「批判だけするな」みたいな反論が並ぶの,虐げられている労働者が「経営者目線」になってしまうのに似ていて,ちょっと切ない。貧すれば鈍するというか,上に都合の良い奴隷道徳を植え付けられてしまっている。

=}{*}

=}{*}

それまで,少数者を迫害する政府の背後にいた「強者としての多数派」はもういない。それはここ20年くらいの劇的な変化で,50代以上の発言力を持つ思想家政治家たちは古い認識を修正出来ずにいる。

=}{*}

国家というのは,その秩序を保つために必要だけの統治機構を自生させるもので,強権的な政府というのは自由に振る舞う国民の裏返しでもある。多くの人が中国不自由日本は自由と誤解しているが,秩序を制度で維持するか「空気」で維持するか,の違いでしかない。不良の多い学校ほど校則が厳しいのと同じ。

=}{*}

=}{*}

トランプが当選した時,「実業家だから政府を合理的に運営出来るんじゃないか」という声が少なくなかったのを見て,政治教育の敗北を感じた。民間企業というのは,9割の国民に嫌われても1割のファンがいれば成立する。政府は国民をまとめるのが仕事。この違いを有権者がほとんど理解していなかったという絶望感

=}{*}

で,その結果が近年顕在化した情技(IT)企業政府との対立という現象だったりするわけだ。これはちょうど,朝廷武家勢力の対立に似ている。今や知力を掌握することが実質的な権力になる,ということが実証され始めたところ。幕府ならぬ「博府」が政治を担う時代も近い。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha