「意味が無い」の意味

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
06月04日 23:04
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

ここのところ,学校に行く意味が分からず不登校になってしまう子や,生きている意味が分からず他人を巻き添えにして死んでしまう人の話題を扱っているが,この「意味が無い」という人間感情は,実は非常に意味のある信号なのだと思う。

人間の社会には色々な「様式」がある。例えば学校に行くこと,会社に行くこと,恋愛結婚をすること,そして言葉の使い方にも様式がある。これは社会を構成する大多数の人の感性や価値観に沿ったものになっている。こうした様式というのは言ってみれば「感情」だ。

意味が無い」という感情は,その器が満たせなくなった時に生じるものなのではないかと思う。そこにあるべき感情がなく,ただ様式だけが空虚に存在しているように見える。憂鬱な時に世界が灰色に見えるというのも同じことだろうが,社会の「標準」から感情が外れてしまった時に起きるのだろう。その虚無感に負けてしまう人もいれば,普通ではなくなった自分の感情で「新しい器」を創造して名を残す人もいるので,その経験が一概に悪いわけではない。

ただ,「意味が無い」と訴える人に,意味の欠乏を感じたことが無い人が「意味なんてなくてもいいじゃないか」と慰めのつもりで言ってしまうと,孤独に苦しみ,追い詰められる人が増えるかもしれない。「意味がなくてもいい」というのは,彼らが社会から遠ざかっているという信号を無視するということなのだから。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha