令和

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
04月01日 12:25
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

昔,元号というのは凶事があると割と気分転換のようにコロコロ変えられたのだが,元号というものが時代に意味を込めるものである以上,良いことも悪いことも紐付けられてしまうのは仕方ない。問題は,悪い印象が付いてしまった元号を今の制度では変えられないということ。もちろん,令和が悪い時代になると決まったわけではないが,一つのリスクが露呈した。

=}{*}

今日の一日一文,最近囁かれている「令和不吉元号なのか?」という題目で考えているのだが,多分,五月病景気後退局面に重なったのがまずいんだろうな,と思っている。

=}{*}

令和になってから不吉なことが多いと言われているが,五月病のせいで悪循環に入ってしまうということは考えられるかもしれない。昔なら気分転換に改元ということも出来たが,変な印象が付いてしまうとつらいものがある。

=}{*}

普通の日本人「令和万歳!」反元号派「祝賀ムードを押し付けるな!」私「ついに希哲時代が始まったか」……この状況が凄く面白い。

=}{*}

令和の何となく盛り上れる雰囲気に多くの日本人が乗り,それが一部の人には同調圧力と感じられている現象,良い悪いではなく日本という国の特異性を象徴しているようで興味深い。戦前の空気感もこういうものだったのかもしれない。

=}{*}

ただ,それが「普通の日本人」に出来るか?令和でお祭り騒ぎしてる日本人を見よ。彼らに群れを飛びだし,孤軍奮闘する根性があると思うか?絶対に無い。だからこれまで日本人は情技(IT)で大成しなかったのだ。

=}{*}

後年,この記録は新元号に沸き立つ多くの日本人と私の精神性の差を象徴するものになりそうだ。

=}{*}

令和に関しては,発表当日から一部の保守層が「これで中国文化から自由になった!」(わけはない)みたいな頭の悪い騒ぎ方をしていたので,私はすぐに反知性主義を連想していたのだが,案の定というか,やはり香ばしくなってきてるな……。

=}{*}

これが意図的な作り話だとして,ここでわざわざラテン語を選ぶということは,ラテン語が教養語であるということは知っていると思うのだが,古典ラテン語を少しでも齧ったら気付くような不自然さには気付いていないという不思議な人物像になるので,恐らくはエイプリルフールネタとして出まかせに誰かが言ったことが伝聞でおかしくなっていったんだろうな。

=}{*}

令和を leiwa と表記するとラテン語で「神からの贈り物」という意味になる,という話,直感的に「(古典)ラテン語w なんか使ったっけ」と思ったが,どうでもいい嘘で反知性主義を象徴する元号にはしてほしくない。まあ,「ラテン語圏」でそういう新語・造語・外来語が無いとも断言出来ないが。

=}{*}

私もあまり批判的なことを言いたくはないのだが,擁護派も擁護派でちょっとズレてるので,それを「雰囲気」で見過すということが性格的にもちょっと難しい。「令和,ちょっと残念なところもあるけどまあいいんじゃない」で済むことを「命令するな!」とか「令で命令を連想するのは異常」とか「日本起源の元号だ」とか見てしまうと,何か言わざるをえないよな。喧嘩両成敗は面白くないだろうけど,今のところどっちもそこそこ馬鹿だよ。

=}{*}

ただまあ,決まってしまった以上は,出来不出来は別としてある程度祝福しようという気持ちも分かる。赤ん坊の変わった名前にどれだけ思うところがあっても,わざわざそれを指摘する人間はあまりいないだろう。これから新元号にちなんだ子供の名前とか,商品の名前とか色々出てくるだろうし,駄目だ駄目だというのも失礼な話だ。

=}{*}

令和」が命名としてあまり上手くないのは確かで,わざわざ国書を使っておきながら大和言葉に馴染まず過去の元号にも例が少ない「ら行で始まる音」であることとか,一般人が直感的に解釈辛い文字を使っていることとか,技術面で指摘出来ることは多い。ただそれは悪意ではないだろう。ハンロンの剃刀という奴だ。

=}{*}

令和」でも,いまだに「命令の令だ!」「命令の令を連想する方がおかしい」みたいな「綱引き」をやっている人達がいるのだが,冷静に見て,「命令」の意図をわざわざ元号に込めるわけがないし,「令」から「命令」を連想するのは普通の日本語話者の感覚だし,単純にあんま直感的な字面ではないよね,というのがニュートラルな感想だと思うのだが,やっぱりバランス感覚というのは難しいんだな。

=}{*}

私に言わせれば「令和」は政治家の無能ぶりの象徴だ。一世一代の命名という時に,老人たちがよってたかって決めたのが「令和」とは。私が希哲紀元を何歳の時に作ったと思ってるんだ……。

=}{*}

ただちょっと笑い事ではないかもしれない,と思うのは,「令和」はもしかしたら日本の分断の象徴になってしまうかもしれないから。例えば安倍政権の熱烈な支持者は「素晴らしい,これに文句を付けるとは何事だ」と言うだろうが,「普遍的な魅力に欠ける」ということは新元号が「踏み絵」的なものにされかねないよな,とか。

=}{*}

ちなみに今は希哲13年。これで「令和生まれはださい」という若者が出てきたら遠慮なく「希哲生まれ」をおすすめ出来る。

=}{*}

令和」がまずい点は,第一に「前例を破った」こと。それは権威が薄れる,具体的には「前例の破り方」にセンスが問われるようになるということだ。その上で,字面が良くない,語感が良くない,意味がぼんやりしている,など指摘出来る問題は多々ある。

=}{*}

新元号令和」,希哲紀元考案者としては K に被らないかということが気になって仕方なかったのだが,まずは一安心。さらに,意外といまいちで不評なので元号離れに一役買ってくれるかもしれないという期待が出来た。

=}{*}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha