Ajax から Aejs へ

描主宇田川浩行#F85E
上描き希哲9年(2015年)
02月05日 22:23
下描き希哲9年(2015年)
02月05日 22:10
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲社ウェブ 800.0戦略において,かねて実用化していた LINGRE(リンガー)に加えて,Aejs(イージス)という概念を導入する。

Aejs は,〈Asynchronous ECMA/JSν + SyML〉の略だ。要するに,AjaxJavaScriptJSν に,XMLSyML に変えたものだ。ギリシャ神話におけるアテーナーの防具イージス(Aegis)にかけている。

Aejs の実用化にはもう少し時間がかかりそうだが,LAMP/Ajax に相当する)LINGRE/Aejs の開発体制が整えば,ウェブに関してはサーバー/クライアント両面で主要技術が揃うことになる。希哲社が開発する主要プログラミング言語 CnD3(キャンディー・スリー,への技術集約が進み,大幅な生産性向上が期待できる。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.1号
制作・運営:希哲社
© Kitetu 1-10 (2007-2016) KiTetuSha