描主宇田川浩行#F85E
上描き希哲9年(2015年)
03月07日 15:54
下描き希哲6年(2012年)
11月12日 10:12
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

(びょう,vio,羅語:eidolon=エイドロン,英語・簡易:draw)は,希哲館・宇田川の用語である。種苗の「苗」(なえ,ビョウ),留め具の「鋲」(ビョウ)や「錨」(いかり,ビョウ)にもかかる(響喩)。「エイドロン」(εἴδωλον)は古典ギリシャ語起源で,「想像」や「幻」といった意味をもつ。

語や数の背後にあるもので,名辞から独立した無名の概念である。語は描を交換可能にし,数は描を叙述する(述数)。

描は描語と描文で構成される。

また,対照的な用語に「文」がある。

差子(ヘテロン)に対応する。人間が直接操作可能な大きさであり,その点ではニューラル ネットワークとも違う。

とは頭のアクセントを高くして区別する(橋に対する箸と同じ)。

一覧

=}{---}

=}{---}

=}{---}

=}{---}

=}{---}

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.1号
制作・運営:希哲社
© Kitetu 1-10 (2007-2016) KiTetuSha