相通主義

描主宇田川浩行#F85E
上描き希哲11年(2017年)
11月01日 22:20
下描き希哲6年(2012年)
08月29日 22:53
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

相通主義(そうつうしゅぎ,英訳:canalism)は,希哲館・宇田川が提唱する経済体制である。宇田川による造語。旧称「疎通主義」(希哲11年11月1日改称)。

「相通性」の概念を中心に,相通技術の開発・保守に特化する。

個人の生活保障を前提とするが,私営段階では必然的に労働者の生活保障となり,政策段階ではこれを補う社会保障となる。

希哲11年11月1日,これまで「疎通主義」と呼んでいたが,一年計画の始動により積極的説明が必要になったことに伴い,希哲10年頃から検討していた「相通主義」に改称。

一覧

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.1号
制作・運営:希哲社
© Kitetu 1-10 (2007-2016) KiTetuSha