聖母マリア

描主宇田川浩行#F85E
上描き希哲8年(2014年)
04月22日 21:57
下描き希哲8年(2014年)
03月08日 23:17
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

ナザレのヨセフの妻,イエスの母。

絵画キリスト教美術においては理想の女性像として頻繁に描かれた。中世までは観音菩薩のような超然とした描かれ方をしたが,ルネサンス頃から世俗的な魅力ある女性として描かれることが増えた。特に,ラファエロロレンツォ・ロットの描くマリアは愛らしい。

フランス語では「ノートルダム」とも呼ばれる。

この描出は「素描」です。
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.1号
制作・運営:希哲社
© Kitetu 1-10 (2007-2016) KiTetuSha