希希遊記

描主宇田川浩行#F85E
上描き希哲12年(2018年)
08月07日 16:28
下描き希哲6年(2012年)
06月14日 03:46
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希希遊記(ききゆうき,ききゅうき,Kiki Yu Ki)は,宇田川による旅行記構想である。

日本からギリシャ・アテネを目指して西進する旅を記録する。ただし,その間にある国々や都市,文化や自然を網羅的に観察する点が一般的な旅行とは異なる。

語誌

二つの希の字は「希求(ききゅう)と「希臘(ギリシャ)を意味しており,「希希遊」は「希求」にかけた洒落である。

当初,『西遊記』にちなんで『希遊記』としたが,語呂が良くないため「遊」同様に「旅行」の意味がある「行」を使い「希行記」(きこうき)としていた。「希求主義的な旅行」を意味する「希行」はこの逆成語である。

2013年1月29日,「希希遊記」に改めた。

希哲12年8月3日頃から,希求旅行開始に伴い,全体構想を再考し始める。希哲12年8月7日,『希々遊記』と簡潔な表記にすることも考えたが,二つの「希」の意味が違うことを強調するため,あくまでも『希希遊記』を正式表記とすることを決めた。原則として,読みの表記は「ききゆうき」,発音は「ききゅうき」とすることを決めた。一部の企業名などに残っているように,戦前の日本語では小書きせずに拗音等を表記していたことを利用。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.1号
制作・運営:希哲社
© Kitetu 1-12 (2007-2018) KiTetuSha