インド

描主宇田川浩行#F85E
上描き希哲7年(2013年)
05月31日 11:50
下描き希哲6年(2012年)
10月09日 01:11
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

(前6〜5世紀)経済的発展によりインドは思想的に活発で、多くの思想家を生んだ。

仏教の釈迦,ジャイナ教のマハーヴィーラなど。

スートラ

経典,ジャイナ教では聖典の意もある。

思想の中心地としてのインド

仏教(東方へ)

特に中国道教神仙思想に適合し,東方に伝搬している。

数学(西方へ)

中世,まずアラブ人にインドの算術知識が伝わり,アラブ世界は数学の中心地となる。

アラブ人は,侵略によって得たギリシャ思想と数学を結びつけている。アルクワーリズミが10進位取り記数法をアラビア語で説明している。

中国の数学は,元の時にイスラム教国の一部を征服したことで知識を獲得した。元では,朱世傑が出た。

この描出は「素描」です。

一覧

=}{---}

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.1号
制作・運営:希哲社
© Kitetu 1-10 (2007-2016) KiTetuSha