啓蒙思想

描主宇田川浩行#F85E
上描き希哲7年(2013年)
03月05日 10:00
下描き希哲7年(2013年)
03月04日 11:43
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

宗教的権威による世界観から、理性中心主義へ転換する。

学問の中心的役割が、教会・大学から、国家の研究機関に移る。フランス王立アカデミーやロンドン王立協会がその代表格であるが、中央のみならず、地方にもこの動きが及んだ。

沿革

前史

フランスのサロン

啓蒙時代(17世紀後半-18世紀)

百科全書派は各分野の専門知識を結集した。

啓蒙専制君主の誕生。フランスの成功を見た周辺諸国(主に中・東欧。プロイセン、ロシア、オーストリアなど)では、啓蒙思想を掲げる君主も誕生した。これらの君主は、思想を掲げ世論に王の必要と宗教・階級制度の悪弊を訴えることで、従来的な権威である教会や貴族の特権を弱め、王権の強化を図った。

人物

フランス

ヴォルテール,ルソー,モンテスキュー……

スコットランド

ロック(王権神授説の否定、自然状態と個の優位性を説く),ヒューム……

ドイツ

ヴィンケルマン……

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.1号
制作・運営:希哲社
© Kitetu 1-10 (2007-2016) KiTetuSha