シリーズを「珠列」と訳す

描主宇田川浩行#F85E
上描き希哲9年(2015年)
05月19日 17:55
下描き希哲9年(2015年)
05月19日 17:52
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

シリーズ英語:series)は,連続したものを意味する言葉で,一般に連続性のある作品群や商品群,または野球などで一連の試合を指して使われる。これもまた日本語で多用されるカタカナ語だ。

は,このシリーズの訳語として「珠列しゅれつ」を考案した。「」というのは真珠のようにが作る美しい玉を指し,優れた作品を「珠玉」と表現したりする。日本語にはちょうどシリーズの原義に近い「数珠じゅずつなぎ」という言葉があるので,珠が連なる様を簡潔に表現し直しつつシリーズの音写も兼ねて「珠列」とする。

はじめは「糸列しれつ」を考えたが,「珠列」の方が字面も響きも良い。例えば,企業なら広告を打つ時に「○○糸列シリーズ」と書くよりも「○○珠列シリーズ」と書きたいだろう。これがシリーズの訳語であることはルビを振れば分かるとしても,単に漢字表現にしただけでは煩雑さが増すだけで誰も使いたがらない。シリーズとカタカナで書くよりも美しく印象的に表現出来ることが重要になる。

試合のシリーズに関しては,珠列を使っても良いのだが,「試列」という案もある。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.1号
制作・運営:希哲社
© Kitetu 1-10 (2007-2016) KiTetuSha