虎哲

描主宇田川浩行#F85E
上描き希哲7年(2013年)
01月19日 17:42
下描き希哲6年(2012年)
05月23日 04:41
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

虎哲(こてつ,英名:Kotetsu)は,希哲社が開発しているメタウェア(ソフトウェア,ハードウェアを包括する)の名称である。

広義においては虎哲真名版虎哲仮名版の総称であり,狭義においては真名版のみを指す。

歴史

元の名称は「Dialektix(ディアレクティクス)であった。2007年頃,希哲館の創立に伴い「希哲」を連想できる名称として「虎哲」に改めた。

一覧

=}{開発記録}

=}{鳴体主義経営から基盤主義経営への発展}{_kn/,_kit/ 表記にシンボリック リンクで対応}{_kn/ リンクの作成}{Lunax の開発準備開始}{kn lnk の初期実装}{虎哲*ツバメの開発本格化,そして死地へ}{SLFS 試作版2号の開発開始}{抜控環境の整備}{主力機のパーティション整理}{sda4 マウント先変更作業}{sda3 マウント先変更作業}{アンダースコア略記法の検討開始}{プロンプト記法の考案}{「谷」の考案}{イチのプロセス分離}{描出論組の実践開始}{前方・後方一致検索の新方式に対応}{デルン,SQL 周りの調整により高速化}{素描ページの文言を調整}{連続検索時の自動描出に定型文挿入機能を追加}{連続検索の保存操作を改良}{連続検索用のボタン デザインを試作}{連続検索の操作性を改良}{前描・次描表示の実験的実装}{SUI 本格始動}{最近の Cμ}{スイーパーを改良}{for-it 文,for-cit 文の完成}{PostgreSQL と Cμ}{二重丸括弧から離し丸括弧へ}{描出機能の強化}{デルンの更新履歴保存方法を変更}{Aejsイージスと Cν の本格始動}{マジック インクルードによる IG 外部化を実現}{さよなら Git,さよなら Doxygen}{虎哲*ツバメ開発に本腰}{Ajax から Aejs へ}{シンネット基礎技術の発展}{虎哲開発の近況}{月庭の広告形式を調整}{虎哲*イチ1.1号へ}{まもなく全面刷新}{Cμ に Bison/Flex を適合させる}{SyML 開発に着手}{今日は月庭のウェブサイトとしての見栄えを少し整えた}{Eμ(仮)開発について}{虎哲の Cμ ソース ファイル,ヘッダー ファイルの拡張子を置換}{ファイルという概念から脱却した開発環境の構築も私の仕事だ}{}{イチの版号を公1.06へ}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.1号
制作・運営:希哲社
© Kitetu 1-10 (2007-2016) KiTetuSha