希哲13年3月19日

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
03月20日 01:44
下描き希哲13年(2019年)
03月19日 02:17
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

知番付け識別子が実用水準に入り,世界に先駆けて意味付け論組の実証実験が始まることになってしまった。

連日の,脳の暴走とでもいうべき閃きが来るところまで来たという感じがする。生活もまた乱れはじめ,「発明疲れ」になりつつある。今日はあえて早めに床に就いて気を落ち着けることにした。

一覧

=}{*}

そう考えると,この知番付け識別子という手法,徹底的に簡潔性と直感性を重視した の語彙と相性が良かったんだな。

=}{*}

ちなみにこの v という客体(オブジェクト),C++std::endl に相当するもので,〈newline〉にかけたギリシャ文字ν(ニュー)に見立てつつ矢印にも見える記号として使っている。これも のちょっとした発明だ。何度書いてもこれで改行するのは楽しい。

=}{*}

識別子の末尾に # とか付けるの,最初は美観的にどうなんだろうという懸念があったのだが,例えばこのハローワールドC++

std::cout << "hello world!" << std::endl;

に相当することを考えれば何の問題もなかった。ここは徹底した の美意識に救われた。

=}{*}

大事なお知らせ。つい一昨日思いついた知番付け識別子(knumbered identifier)という技術と で,今日から世界に先駆けた「意味付け論組」(セマンティック・プログラミング)の実証実験を始めることになった。

=}{*}

何度でも言おう。日本FAAMG を越えられる技術を持っているのは希哲社だけだ。

=}{*}

そしてこれは,デルンデライトKNEST(knower easy state transfer)API を利用した技術の一環,ほんのはじまりに過ぎない。我々人類は,これから知機(knower)によって「意味符号化」という究極の技術を手にするのだ。

=}{*}

この技術は,世界初の実用的な「意味付け論組」(セマンティック・プログラミング)の嚆矢となるだろう。特に,文書化リファクタリングにおいては飛躍的な進歩を遂げたと言える。

=}{*}

ついに知番識別子knumbered identifier)を実現する一通りの Emacs Lisp を書き上げた。foo/*K#XXXX*/ と書くことで,foo は知番 K#XXXX で意味付けられた知名(kname)となり,デルンと同期される。選り手(エディタ)上では省略表示 foo# と簡単に切り替えられ,デルン上の関連情報を表示させるなど応用の余地は広い。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha