希哲12年12月5日の開発

描主宇田川浩行#F85E
上描き希哲12年(2018年)
12月06日 00:14
下描き希哲12年(2018年)
12月05日 04:41
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

早朝4時30分頃,db-2 への pg_restore が概ね成功(問題の無さそうな違了4件)。

db-1 と簡単な求頼で性能を比較してみるが,なぜか単純な求頼ほど db-1 の方が応答が早いことがあり,全体として明確な改善効果は見られなかった。設定も調整してみたが,あまり大きく変わらなかった。db-2 の方が仕様上はわずかに高性能(メモリ+1GB,ディスク+20GB,コア数+1)で,特に SSD になったことに期待したが,今のところは残念な結果。

18時頃から,稼働中の sss からの SSH 筒路 を一時的に切り替えて正常に動作することを確認。

弄りながら,現在の deln.fcgi の仕様ではプロセス内で DG_T を同期しているため,出場所の性能が十分に活かせていないことに気付く。

そこで,deln.fcgi の起動時に戸番を指定出来るようにし,複数起動して nginx で捌けるようにした。内部的な最適化には時間がかかるため,しばらくはこれで凌ぐ。

状況が十分に整理出来たため,明日,db-2 を初期化し,本格的に移行作業を行うことにした。空いた db-1デライト用に転用し,sss-1 は初期化,綺麗な状態でデルンを稼動させたい。一時的に性能が落ち込んだとしても,最適化が進められる環境を整備しておくべきだろう。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha