デライト離立

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲12年(2018年)
12月06日 19:59
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

なぜデライト離立予定日を2月15日に再設定したのかというと,デライトの離立を1月中にして,2月中に希哲館事業乗軌化を達成するという目標があったからだ。後者の余地を半分残したかったのだが,現時点でデライトと周辺環境の完成度の高さは期待を大きく越えているので,もうその境界線自体が邪魔と判断した。デライト離立は限りなく希哲館事業乗軌化に近い。

=}{*}

もうデライトはよちよち歩きながら稼動し始めているのだが,「離立」(リリース)となると結局どこで私が満足出来るかになってしまうな。もういっそのこと,オープンβみたいな感じで遊んでもらった方が良いのかもしれない。

=}{*}

例えば,「デライト離立(リリース)」を至上の目的として,環境を破壊しながら間に合わせの作業だけをしていればいくらでも早く離立出来たと思う。ただ,その後の生産性にとって大きな足枷になるのは間違いない。開発実況を見ていれば分かると思うが,私は自分で自分を追い込んでいるだけで別に誰かに追われているわけではないので,これは長期的に見て良くないなと思ったら割とあっさり延期を決める。

=}{*}

でも正直,この開発環境の継続的改善で開発速度が加速し続けていなければ,ここまでデライト離立の見通しは立っていなかったと思う。目の前の作業に追われ過ぎて「技術的債務超過」に潰されるのが日本の情技(IT)業界の問題だと痛感する。

=}{*}

最初にデライト離立が遅れた時,期限間近になって急激に開発が進んで,もしかして,その気になれば数週間で終わってた仕事なんじゃないか,という変な不安感を覚えた。それはそれで時間を無駄にしていたようで悔しいなと思っていたのだが,ここまでその気でやって終わらないのだから後悔する必要は無かった。

=}{*}

今の本当の目標は希哲館事業乗軌化で,デライト離立(リリース)を終えても気は休まらない。とりあえずウェブ版を離立したら,周辺の課題を一気に片付けて,Android アプリを作って,何とか収益に結び付ける必要がある。出来れば今月中に。

=}{*}

さて,昨日までの死闘で使い切った体力も回復したし,三度目の正直,18日デライト離立(リリース)までまた不眠不休の闘いが始まる。

=}{*}

さて,デライト離立(リリース)まであと2日(分の開発時間)。もう寝る暇も無いな。

=}{*}

しかし,毎日デライト離立を意識して生活してきたおかげで,まだ延期2ヶ月という事実にちょっと驚ける。体感的には半年くらい経ってる気がする。やはり,適度な緊張感を保つというのは大切なことだ。

=}{*}

このままダラダラ引き伸ばしていても仕方ないので,デライト離立(リリース)予定日をちょうど2週間後,2月15日に再設定することを決めた。ちょうど知機駒手に費した時間でもあり,時間的なキリも良いし,希哲13年2月15日で「3,2,1,ゴー」になっている。

=}{*}

1月中のデライト離立ならず,2月に持ち越し。原因は明らかで,知機駒手(knower command)の整理に2週間以上かけてしまったことだ。全体最適化を優先した結果,2月の目標としていた希哲館事業乗軌化は早まり,デライト離立は遅れることに。

=}{*}

デライト離立(リリース)に向けての作業が希哲館事業11年分の大掃除になりつつある。特に虎哲周りの整理の進み方が尋常ではない。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha