着路〈チャンネル〉と筒路〈トンネル〉

描主宇田川浩行#F85E
下描き希哲10年(2016年)
05月13日 19:38
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

チャンネル〈channel〉は非常に広い意味で使われているカタカナ英語だ。最広義には,情報流路を指す。私はこれを「着路(ちゃくろ)と訳している。

これと似た言葉に,トンネル〈tunnel〉がある。こちらの宇田川訳は「筒路(とうろ)だ。チャンネルもトンネルも,ものの通り路を意味する語で,技術用語としても活用されているため着路・筒路と簡潔に表現出来ると便利だ。

ちなみに,中国語読みでも着路は「チェールー」〈zhelù〉,筒路は「トンルー」〈tǒnglù〉と良い音写になっている。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.1号
制作・運営:希哲社
© Kitetu 1-10 (2007-2016) KiTetuSha