PostgreSQL と Cμ

描主宇田川浩行#F85E
上描き希哲10年(2016年)
07月01日 15:41
下描き希哲10年(2016年)
07月01日 15:39
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

ここ一週間ほど,RDBMS 周りの整理に没頭していた。

希哲社は,「NoSQL」に対して回帰志向の「ReSQLレスキューエル」を提唱し,捌き手サーバーの技術構成として LNGRLinux + nginx + PostgreSQL)を支持しているが,ここ最近技術的進歩が著しい。

ここ数日で, で PostgreSQL のストアド プロシージャを開発出来る環境を整えた。Cμ ではすでに 請い手クライアントの環境が整っているので,請い捌き両面の統一的な開発環境が整った。これは今後のことを考えると凄まじく大きい進歩だ。これまで PL/pgSQL の記述性と性能の悪さに辟易していたが,これからはかなり快適にストアド プロシージャを開発出来るだろう。

さらに,オブジェクト関係マッピング(ORM)に代わる技術として求頼函数絡包(QFW: Query Function Wrapping)の体系化が進んでいる。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.1号
制作・運営:希哲社
© Kitetu 1-10 (2007-2016) KiTetuSha